チアリーディング部が関東選手権大会で優勝を果たしました

2019年06月04日

2019年5月31日(金)~6月2日(日)、武蔵の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)にて、第21回関東チアリーディング選手権大会が開催され、帝京大学チアリーディング部・バッファローズが総合成績で優勝を果たしました。

6月1日(土)に行われたDIVISION1では前大会のミスを修正し、一新したダンスを含め、次々に繰り出されるスタンツやピラミッドなどの大技に会場からは大きな歓声があがりました。その結果、決められた演技を行う規定演技と音楽に合わせて自由に創作する自由演技のどちらも1位を獲得し、2大会ぶりに見事総合優勝となりました。また、同日行われたスモールグループス演技競技でも息の合ったパフォーマンスを魅せ、帝京大学Bが準優勝となりました。

試合後にキャプテンの光野由梨さん(医療技術学部3年)は「結果を頂けたことはとても嬉しいですが、まだまだ悔しい部分もあるので次の大会までに修正していきたい」と、優勝の喜びと次の大会に向けての抱負を語りました。

本大会は、8月に開催されるJAPAN CUP2019日本選手権大会の地区予選を兼ねており、バッファローズは、DIVISION1大学の部、DIVISION2、スモールグループス演技競技女子部門の3部門・計5チームが出場し、すべてのチームがJAPAN CUPへの出場権を獲得しました。JAPAN CUPは、2019年8月23日(金)~8月25日(日)に同会場にて開催されます。引き続き、本学チアリーディング部への応援をよろしくお願いします。

 

各競技部門成績

【DIVISION1大学の部】 

帝京大学 優勝

 

【DIVISION2】

帝京大学A 第3位

 

【スモールグループス演技競技女子部門】 

帝京大学B 準優勝

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子07

当日の様子08

当日の様子09

キーワードで検索