空手道部がアジア ジュニアカデット&アンダー21空手道選手権大会で金メダルを獲得しました

2019年05月09日

2019年4月26日(金)~28日(日)、マレーシアのコタキナバルにて開催された「AKF第18回アジア ジュニアカデット&アンダー21空手道選手権大会」において、帝京大学空手道部の女子個人形石橋咲織さん(医療技術学部2年)、女子組手-55kg級の笠原万保子さん(医療技術学部2年)、女子組手+68kg級の澤江優月さん(医療技術学部1年)が金メダルを獲得しました。

アジア各国が参加した今大会は、カデット(14~15歳)、ジュニア(16~17歳)、アンダー21(18~20歳)の3世代による35種目が実施され、日本からは39人の代表選手がエントリーし、金メダル16個、銀メダル7個、銅メダル6個の合計29個のメダル獲得数で、アジア1位となる好成績を残しました。本学空手道部からは6人の学生が出場し、全員がメダルを獲得する素晴らしい結果となりました。今後の更なる活躍が期待されます。

 

主な成績

【U-21】

女子個人形:石橋咲織さん (医療技術学部2年) 金メダル

男子個人形:菊地凌之輔さん (医療技術学部2年) 銀メダル

女子組手-55kg級:笠原万保子さん (医療技術学部2年) 金メダル

女子組手-61kg級:成宮光咲さん (医療技術学部2年) 銅メダル

女子組手-68kg級:角豊実さん (医療技術学部3年) 銅メダル

女子組手+68kg級:澤江優月さん (医療技術学部1年) 金メダル

 

大会結果の詳細は下記をご覧ください。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子07

(写真提供:空手道マガジンJKFan)

キーワードで検索