駅伝競走部が「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走合同壮行会」に出席しました

2018年11月26日

2018年11月25日(日)、八王子市学園都市推進会議主催の「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走合同壮行会」がJR八王子駅南口1階広場にて開催され、出場が決定している八王子市内の4大学である帝京大学、法政大学、拓殖大学、中央大学が参加しました。

帝京大学からは駅伝競走部の部員5人と高橋拓夢コーチが参加し、髙村敦史さん(教育学部4年)が「今年は箱根駅伝3位という目標を掲げ、苦しい練習に励んできました。3大駅伝である10月の出雲と11月の全日本では過去最高順位の5位に入ることができました。箱根では過去最高順位の4位を塗り替えるため、チーム全員で最後まで取り組みます。八王子市民のみなさんに元気や勇気を届けられるような走りができるよう、あきらめず必死に戦いますので、温かい応援をお願いします」と決意を語りました。

その後、八王子市立第二中学校、楢原中学校の陸上部の生徒より、憧れの選手たちへ花束が手渡され、温かい空気に包まれました。また、最後は帝京大学チアリーディング部による圧巻のパフォーマンスが披露され、会場には大きな手拍子と笑顔があふれました。

会の冒頭には、主婦を中心としたボランティア集団であるレインボーズによるパフォーマンスも行われ、八王子市のテーマソングである「ぼくらの八王子」に合わせて、選手も一緒にダンスをするなど、終始和やかな壮行会となりました。

2019年1月2日(水)〜3日(木)、本学駅伝競走部の箱根での走りにご注目ください。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4

当日の様子5

当日の様子6

キーワードで検索