空手道部が関東大学空手道選手権大会で優勝しました

2018年10月09日

2018年10月8日(月・祝)、日本武道館(東京都千代田区)で行われた第61回関東大学空手道選手権大会にて、帝京大学空手道部が男女ともに優勝しました。

本大会は、男女団体形、男女団体組手の2種目が行われ、男子団体形は10連覇、女子団体形は13連覇、女子団体組手は5連覇を成し遂げ、男子団体組手は昨年の3位から2年ぶりに優勝に返り咲きました。また、優秀選手賞には、本学から男女合わせて7人が選ばれました。

結果だけを見ると関東での圧倒的な強さを感じますが、一つひとつの試合で見せる真摯な取り組み、日頃の練習の成果が優勝、連覇へと繋がっています。

11月の全日本大学空手道選手権大会に向け、本学空手道部への温かい応援をお願いいたします。

 

優秀選手賞

中村 良太(医療技術学部4年)
中澤 弘輝(医療技術学部4年)
上条 優太(医療技術学部4年)
宮原 美穂(医療技術学部4年)
中野 壮一朗(医療技術学部3年)
石合 郁香(医療技術学部2年)
角 豊実(医療技術学部2年)

 

大会結果は下記をご覧ください。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4

当日の様子5

当日の様子6

当日の様子7

当日の様子8

キーワードで検索