AKF第15回アジア空手道選手権大会で空手道部が金メダルを獲得しました

2018年07月17日

2018年7月13日(金)~15日(日)、ヨルダン・アンマンで開催された「AKF第15回アジア空手道選手権大会」女子組手-50㎏において、帝京大学空手道部の宮原美穂さん(医療技術学部4年)が、女子団体形においては、平紗枝さん(医療技術学部4年)、武儀山舞さん(医療技術学部4年)、石橋咲織さん(医療技術学部1年)が金メダルを獲得しました。今大会はメダル獲得者に対し、11月にスペインで開催される「WKF第24回世界空手道選手権大会」の日本代表選考の大会となっており、本学から4名の学生が世界選手権出場を決めました。

また、今月から2020年の東京オリンピック出場に向けたポイント加算が始まりました。引き続き海外や国内の試合に臨んでいく本学空手道部に温かい応援をお願いします。

(写真提供:空手道マガジンJKFan)

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4

キーワードで検索