空手道部が「日本スポーツ賞・競技団体別最優秀賞」を受賞しました

2018年01月25日

2018年1月22日(月)、パレスホテル東京(東京都千代田区)において、「第67回日本スポーツ賞」の表彰式が行われ、日本を代表するトップアスリートが一堂に会する中、空手道部の宮原美穂さん(医療技術学部3年)が競技団体別最優秀賞を受賞しました。

日本スポーツ賞は、1951年に読売新聞社が制定したスポーツ賞でその年のスポーツ界で、最も活躍した選手やチームや団体などに贈られます。

 

宮原さんは、2017年1月の「2017KARATE1プレミアリーグ・パリ」世界大会において金メダルを獲得、7月は「World Games 2017(ワールドゲームズ)」ポーランド大会で銀メダルを獲得しました。また、7月の「第61回全日本学生空手道選手権大会」で優勝、12月の「天皇盃・皇后盃 第45回全日本空手道選手権大会」では本学空手道部OGの植草歩選手に惜敗はしましたが、準優勝という結果を受け年間を通した活躍が認められての受賞となりました。

2020年に開催される東京オリンピックに向けて、今後も活躍が期待されます。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4

キーワードで検索