空手道部の学生が「WKF第10回世界ジュニア&カデット・アンダー21空手道選手権大会」にて優勝しました

2017年11月06日

2017年10月25日(水)~29日(日)、スペイン・テネリフェにおいて開催された「WKF第10回世界ジュニア&カデット・アンダー21空手道選手権大会」で男子組手-67kgの中野壮一朗さん(医療技術学部2年)が金メダルを獲得しました。

今大会は14歳~20歳までの世界最高峰の大会であり、史上最多107の国と地域から、延べ1,694選手がエントリーされました。日本からは33名の選手がエントリーし、金メダル10個、銀メダル1個、銅メダル7個の合計18個のメダルを獲得するという好成績を残しました。

中野さんは、先取点を挙げたものの1-2と逆転を許す展開となり、残り時間2秒で同点2-2に追いつきました。競技終了時点で同点の場合、先取した競技者が勝者となるというルールが今年度より導入されたため、先取点を挙げていた中野さんが優勝を勝ち取りました。

中野さんは、国内での実績は高い評価を得られているものの、世界チャンピオンのタイトルは初めての獲得となり、「優勝はとても自信になったが、今後世界ランキングを上げていくためにも、プレミアリーグなどの各大会に積極的にチャレンジしていきたい」と強い意気込みが語られました。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

キーワードで検索