帝京大学柔道部女子 渡名喜 風南さんが世界柔道選手権大会の優勝報告会に出席しました

2017年11月06日

2017年10月31日(火)、帝京大学 柔道部女子 渡名喜 風南さん(医療技術学部4年)が相模原市役所で行われた2017 年 ブダペスト世界柔道選手権大会の優勝報告会に出席しました。

報告会には、本学柔道部女子コーチ 穴井 さやかが同席する中で、相模原市長 加山 俊夫氏、相模原市教育委員会 教育長 野村 謙一氏、同教育局長 笹野 章央氏、同教育局 生涯学習部長 長谷川 伸氏など多くの方々が出席いただきました。

開会後、渡名喜さんからは「たくさんの応援をいただき、ありがとうございました。初めての世界選手権で緊張もしましたが、いつも通り自分の柔道をすることができました」と挨拶があり、穴井コーチからは「本学柔道部としては、歴史を遡ってみても大学在学中の世界チャンピオンは、創部時の谷 亮子さん以来であり、渡名喜選手が生まれ育った相模原市に優勝報告の場を設けて貰い大変感謝しています」と感謝の意が述べられ優勝報告が行われました。また、それを受けた加山市長から「今回の活躍は多くの市民に夢や希望、感動を与えたと思う。ここをスタートとして、東京オリンピックでも日本代表を勝ち取って金メダルをめざしてほしい」と激励の言葉が贈られました。

その後、加山市長より渡名喜さんへ今回の優勝を称賛する楯が贈呈され、出席者との懇談の後に記念撮影を経て、閉会となりました。

渡名喜さんを始め、本学柔道部の益々の活躍が期待されます。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

キーワードで検索