全日本空手道選手権大会にて、帝京大学空手道部2名が優勝しました

2017年07月04日

2017年7月2日(日)、舞洲アリーナ(大阪府大阪市)で行われた「第61回全日本学生空手道選手権大会」にて、帝京大学空手道部2名が優勝、7名が入賞を果たしました。

女子組手では、宮原美穂さん(医療技術学部・3年)が、女子主将の森口彩美さん(医療技術学部・4年)と決勝で争い優勝。また、女子形では、1年生ながら宇海水稀さん(医療技術学部・1年)が制し、優勝を飾りました。

主な成績は下記の通りです。

 

男子個人組手

【第3位】 宮崎佑介(医療技術学部・4年)

 

女子個人組手

【優勝】 宮原美穂(医療技術学部・3年)

【準優勝】 森口彩美(医療技術学部・4年)

【第3位】 鈴木眞弥(医療技術学部・4年)

 

男子個人形

【準優勝】 本 一将(医療技術学部・4年)

【第3位】 本 龍二(医療技術学部・2年)

 

女子個人形

【優勝】 宇海水稀(医療技術学部・1年)

 

なお、女子個人組手で優勝した宮原美穂さんは、現在の世界大会における功績に対し、大会翌日の7月3日(月)にホテルニューオータニ(東京都千代田区)において行われた、文部科学省・スポーツ庁による「国際競技大会優秀者等の大臣顕彰・表彰」にて表彰され、2020年に開催される東京オリンピックでの活躍が期待されています。

 (写真提供/空手道マガジンJKFan、帝京スポーツ新聞部)

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子07

当日の様子08

キーワードで検索