空手道部が東日本大会において通算6度目となる男女アベック優勝を果たしました

2017年05月06日

平成29年5月5日(祝)、帝京大学空手道部は、日本武道館(東京都千代田区)で開催された第53回東日本大学空手道選手権大会において、男子団体組手(5人制)と女子団体組手(3人制)の両部門で優勝を果たしました。

本大会の優勝は、男子は2年ぶり13回目、女子は9年連続9回目となり、女子は連覇記録を更新することとなりました。また大会通算6回目となる男女アベック優勝となりました。

 

決勝は男女ともに国士舘大学(東京都)との対戦となりましたが、男子は3-1、女子は2-0と順調に勝利しました。しかし、本学空手道部は、次の目標として11月の全日本大学選手権4冠を置いており、その目標を達成するためにはまだ課題が残る内容となりました。

明日から、また、その課題を克服するため練習に励むこととなりますので、応援の程、よろしくお願いします。

なお、優秀選手賞には、本学から男女合わせ下記5名が選出されました。

 

【優秀選手賞】

三浦 銀太(スポーツ医療学科4年)、森口 彩美(スポーツ医療学科4年)、中村 良太(スポーツ医療学科3年)、宮原 美穂(スポーツ医療学科3年)、中野 壮一朗(スポーツ医療学科2年)

 Photo by Yuka SHIGA

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

キーワードで検索