帝京大学空手道部から「平成29年度全日本強化選手」に15名が選出されました

2017年05月02日

2017年4月1日(土)~2日(日)の2日間、日本空手道会館において「平成29年度強化選手選考会」が開催されました。

その後、4月末に「平成29年度全日本強化選手」の発表があり、帝京大学空手道部からは15名が選出されました。

 

本学空手道部からの選出された選手は下記の通りです。

 

女子組手

■50kg級 宮原 美穂(スポーツ医療学科3年)

■55kg級 石合 郁香(スポーツ医療学科1年)

■61kg級 森口 彩美(スポーツ医療学科4年)、古野 ひかる(スポーツ医療学科4年)

■68kg級  鈴木 眞弥(スポーツ医療学科4年)

 

男子組手

■55kg級  泓 誠司朗(スポーツ医療学科1年)

■67kg級  五明 宏人(スポーツ医療学科4年)、中野 壮一朗(スポーツ医療学科2年)

■75kg級  三浦 銀太(スポーツ医療学科4年)、中村 良太(スポーツ医療学科3年)、石原 雅大(スポーツ医療学科1年)

 

女子形

宇海 水稀(スポーツ医療学科1年)

 

女子団体形

武儀山 舞(スポーツ医療学科3年)、平 紗枝(スポーツ医療学科3年)

 

男子団体形

本 一将(スポーツ医療学科4年)

 

また、2017年3月31日にスポーツ庁においてハイパフォーマンス・サポート事業のターゲットスポーツ(夏季)発表され、空手(男子・女子)がターゲットA(最上位)に選ばれました。

 

【ハイパフォーマンス・サポート事業の概要】

オリンピック・パラリンピック競技大会において、我が国のトップアスリートが世界の強豪国に競り勝ち、確実にメダルを獲得することができるよう、メダル獲得が期待されるスポーツをターゲットとして、多方面から専門的かつ高度な支援を戦略的・包括的に実施する事業です。(スポーツ庁より転載)

ターゲットAには、金メダルの獲得が期待される競技が選ばれます。

空手(男子・女子)は、競泳(男子・女子)、体操(男子)、レスリング(女子)、柔道(男子・女子)、バドミントン(女子)といったリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した競技とともに選ばれており、2020年東京五輪での金メダル獲得への期待がいかに高いかが窺われます。

 

空手道部

キーワードで検索