空手道部2名が「2017KARATE1プレミアリーグ・オープンドパリ」にて優勝しました

2017年02月03日

2017年1月27日(金)~29日(日)の3日間にわたり、フランス・パリのクーベルタンスタジアムで、「2017KARATE1プレミアリーグ・オープンドパリ」世界大会が開催されました。

今回の大会は、プレミアリーグ史上最多のエントリー数を更新する記録的大会となり、日本代表として42名の選手が出場し金5、銀2、銅6のメダルを獲得しました。

帝京大学空手道部からは男子5名女子4名が出場し、女子組手+68kgにおいて川村菜摘(医療技術学部4年)、女子組手−50kgでも宮原美穂(医療技術学部2年)がそれぞれ優勝を果たし、2部門を本学の学生が制しました。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

キーワードで検索