ACLS研究会

  • 板橋キャンパス

救急現場に遭遇したとき慌てないための、知識と技術を磨いています

ACLS研究会は、心肺停止の傷病者に必要なBLS(一次救命処置)およびACLS(二次救命処置)の正しい知識と技術の習得をめざすサークルです。一般市民へのBLS普及活動にも力を入れています。卒業生の部員も多く、先輩と後輩の交流が盛んなのも特徴。とっさの事態に対応できる人材が育つ、医療系ならではのサークルです。

クラブ概要

ACLS研究会は、もしも目の前で人が心肺停止に陥ってしまったら、「何ができるか?」ということを常に考え、勉強会と合宿を通して、心肺停止の傷病者に必要なBLS(一次救命処置)とACLS(二次救命処置)の技術と知識を習得し、BLSやACLSプロバイダーライセンス取得をめざします。区のマラソン大会に救護スタッフとして参加したり、一般市民へBLSを普及させるために、実践的な活動にも力を入れています。

クラブデータ

名称 ACLS研究会
活動キャンパス 板橋キャンパス
活動日時 月1回
活動場所 大学棟2号館シミュレーション室
部員 116人
活動内容 BLS(一次救命処置)およびACLS(二次救命処置)の正しい知識と技術の習得、一般市民へのBLS普及

(2017年9月現在)

キーワードで検索