帝京大学の福利厚生制度

安心して働けるようさまざまな福利厚生制度を用意しています

帝京大学では、職員が安心して仕事に取り組めるよう、充実した福利厚生制度を用意しています。 社会保険、各種休暇、各種手当、育児・介護休業並びに育児・介護に関する短時間勤務制度まで確立されています。このほかにも、財形貯蓄制度、公的年金を補完する積立共済年金、保険料が団体割引となる各種保険制度、人間ドック受診費用の補助、保養施設などが完備しています。

帝京大学の福利厚生制度

有給休暇 初年度より年間20日の有給休暇を取得できます。取得できなかった休暇は、毎年20日を上限として翌年度に繰り越しができます。

特別有給休暇

結婚休暇5日間、忌引き休暇(続柄に応じ10日間~1日)などが取得できます。

各種社会保険

健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険を完備しています。

住宅手当

上限を27,000円とし、毎月支給します。※賃貸物件に限ります。

通勤手当

原則として6カ月毎の定期代を支給します。上限は月額55,000円です。

産前産後休業

出産予定日の直前6週間および産後8週間の休暇を取得できます。この間は無給となりますが、日本私立学校振興・共済事業団より出産手当金として、1日につき標準報酬日額の80%が給付されます。

育児休業

原則として、子どもが満1歳になるまで取得できます。

介護休業

家族の介護を必要とする者1人につき通算100日まで取得できます。

時短勤務

養育する子どもが3歳になるまで時短勤務が可能です。(例:9:00~16:00)

育児休業と併用はできません。このほか、介護のための時短勤務制度もあります。

保養施設

帝京大学箱根セミナーハウス(天然温泉)が利用できます。また、会員制福利厚生サービスにより、全国の宿泊施設やリゾート施設、スポーツ施設などが特別料金で利用できます。

育児休業取得率

本学職員の育児休業取得率はほぼ100%!産前産後休業から続けて取得する職員がほとんどです。復帰後は時短勤務もできるので、妊娠・出産後も女性が変わらず働くことができる環境です。また、男性も育児休業を取得しており、子育てに積極的に参加することができます。