小野教授と木内助教らの研究により、心臓のペースメーカー細胞が非心筋細胞を心筋細胞に変えることが明らかとなりました【薬学部】

2019年10月23日

帝京大学薬学部薬学科薬効解析学研究室教授 小野景義と同助教 木内茂樹らの研究により、心臓のペースメーカー細胞が非心筋細胞を心筋細胞に変えることが明らかとなりました。

本研究成果が、心不全治療に対する新しいアプローチ方法発見のきっかけとなることが期待されます。

詳細は下記のプレスリリースをご覧ください。