新システム導入により入学金納入が飛躍的に便利になりました

2019年10月09日

学校法人帝京大学は、株式会社三菱UFJ銀行の協力のもと、入学金納入のマルチチャネル化を採用し、業務の効率化を実現させました。

パソコン、スマートフォン、ATMでの振り込みを可能とするマルチチャネル化により、振込者の負担を軽減するとともに、大学での事務の効率化につながります。

また、「銀行×大学」で起こるイノベーションの意味について、本学理事長・学長 冲永佳史と同銀行専務執行役員 加藤昌彦氏が対談した記事が「週刊東洋経済」に掲載されました。

対談の詳細は、下記をご覧ください。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03