2017年度 冲永荘一学術文化功労賞 授与式を行いました

2018年04月04日

2017年3月26日(月)、帝京大学板橋キャンパスにて、2017年度冲永荘一学術文化功労賞授与式を行いました。同賞は、帝京大学および帝京大学グループ各校に所属する学生・教職員・団体を対象に、各年度におけるスポーツ・文化・福祉・学問などの分野で、優れた成績・評価を受け、本学の名誉を著しく高めた個人または団体に贈られるものです。また、同賞に推薦された者の中で、特に優れたものについて冲永荘一学術文化特別賞を、今後の活躍を期待する者については冲永荘一学術文化奨励賞が贈られます。

今年度は、帝京大学医学部内科学講座教授 内田俊也、地域活性化研究センター センター長 山川充夫、文学部日本文化学科准教授 福井淳哉、帝京平成大学健康メディカル学部 健康栄養学科 学科長・教授 児玉浩子へ賞状と盾が授与されました。その後、本学理事長 冲永佳史より「研究成果は後世に残るものであり、後を引き継ぐ者が皆様の成果を基盤として新たな研究を行うことで、社会に役立つ力になると信じています。今後も教育機関として、研究の成果を社会に向けて積極的に発信して欲しい」と受賞者に向けた激励の言葉が贈られ、記念撮影の後に閉式となりました。受賞者の益々の活躍が期待されます。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06