日本大学第三高等学校と「高大連携」を締結し、調印式を行いました

2017年05月17日

帝京大学は、日本大学第三高等学校(東京都町田市)と「高大連携」を締結し、2017年5月2日(火)に調印式を執り行いました。

本学と日本大学第三高等学校との連携教育については、生徒の学習意欲や進路に対する意識を高めるとともに、相互に連携・交流を深め、それぞれの教育内容の充実および高大連携の活性化を図ることを目的としています。

 

連携の内容は、以下について交流していくものとします。

(1)大学教員による高校への出張講義

(2)相互の施設・設備の利活用

(3)教育についての情報交換および交流活動

(4)その他、双方が協議し同意した事項

 

今回が第3回目となる授業では、医療技術学部スポーツ医療学科健康スポーツコース・助教 本郷仁吾を講師に高校への出張講義が行われ、日本大学第三高校スポーツクラス2年生33名および1年生22名が参加しました。

講義内容は、スポーツ傷害についてアスレティックトレーナーでもある自身の経験や資料映像を交えながら、スポーツ中の接触傷害を選手と指導者の側面から解説しました。

本郷助教は今後、「スポーツコンディショニング」「テーピング」「ストレッチ」などについて講義する予定です。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子07

当日の様子08

当日の様子09

当日の様子10