帝京大学メディアライブラリーセンターが、シンポジウム「日本文学、世界文学のいま」 を開催しました

2017年03月08日

2017年2月28日(火)、帝京大学八王子キャンパスにて、メディアライブラリーセンター(MELIC)が帝京大学50 周年およびMELIC 10 周年を記念し、シンポジウム「日本文学、世界文学のいま」を開催しました。
本シンポジウムは、MELIC 館長・外国語学部教授の田村さと子が所属する「日本ペンクラブ」との共催で行われ、当日は作家で日本ペンクラブ会長の浅田次郎氏による講演をはじめ、日本ペンクラブの活動の一つである「獄中作家支援」に関する講演を同会副会長で獄中作家・人権委員長の西木正明氏が、また田村さと子教授、藤井省三氏(東京大学教授)、佐藤アヤ子氏(明治学院大学教授)がラテンアメリカ、中国、カナダと世界の文学についてリレートークを行いました。
講演者からは、時代背景と密接に関わる各国の文学や、世界に影響を与える日本人作家の紹介のほか、日本文学における「本来の小説」と「現代の小説」の矛盾点や、小説家の心得などについてもお話しがありました。
当日は100 名を超える来場があり、シンポジウムの終わりには「日本文学に未来はあるのか」という参加者からの質問に対して、講演者が各人の文学への想いを語るなど、文学を深く考える貴重な時間となりました。

 

当日の様子01

当日の様子02

巡読古本市の模様

当日の様子

当日の様子04

当日の様子08

当日の様子

当日の様子

当日の様子

当日の様子

当日の様子

当日の様子