帝京大学 冲永佳史理事長・学長がハーバード大学客員教授に任命され、講演を行いました

2014年10月08日

2014年9月3日、冲永佳史理事長は米国ハーバード大学から客員教授に任命されました。これは、保健医療分野の教育・研究における冲永理事長のリーダーシップと帝京大学の国際的な活動実績を高く評価されたものです。

同日、冲永佳史理事長は、同大学キャンパス内Harvard Faculty Clubにて講演を行いました。講演は本学の建学の精神や教育理念をはじめとして、新たな教育体系と研究などの理事長の経験に基づく大学教育と運営方針に関するものであり、講演後には参加者らとの熱心な議論に発展しました。

ハーバード大学と本学は1993年より大学間学術協定を結び、交流を行っています。今後も理事長自らの取り組みと同時に、教員・学生間交流を継続し、国際社会に貢献しうる高度人材の育成に努めてまいります。

 

ハーバード大学から客員教授 Harvard Faculty Clubにて講演の様子01

 

Harvard Faculty Clubにて講演の様子02