2014年度「高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム」(文部科学省)に本学の取組が採択されました

2014年09月26日

文部科学省が大学教育改革の支援策として実施する「高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム※」に、帝京大学の提案した「帝京大学産業保健高度専門職養成の大学院プログラム」が採択されました(申請64件中、採択14件)。

 

事業概要

【名称】

帝京大学産業保健高度専門職養成の大学院プログラム

 

【期間】

2014年10月7日~2017年3月31日

 

【目的・概要】

近年、専門性を持った産業医や高度な産業保健師の不足が指摘され,特に出産・育児期間を経た女性医師や産業保健師の再教育の充実が求められています。

本事業は、特に女性医師および女性産業保健師・衛生管理者が産業現場の問題に高度なレベルで取り組むための能力の「学び直し」に力点を置き、社会人を対象としたまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を提供し、産業保健分野の高度な人材を養成することを目的としています。産業界と共同した実践的なカリキュラムに加え、ハーバード大学やケンブリッジ大学等と提携した特別講義も実施します。企画実施後の平成29年度には、成果物として、教材等含めた教育パッケージ「帝京大学産業保健高度人材養成の大学院プログラム」を提示する予定です。

※2016年度受講生募集についてはこちらのページをご覧ください。

 

「高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム」とは

 

大学院と産業界等が協働して、社会人のキャリアアップに必要な高度かつ専門的な知識・技術・技能を身につけるための大学院プログラムを構築し普及する取組を通じて、成長分野等における高度人材養成を図るとともに、社会人の学び直しを全国的に推進する文部科学省主催の事業です。