帝京大学とオックスフォード大学ワダム校との学術提携調印式が行われました

2014年05月17日

2014年4月4日(金)帝京大学はオックスフォード大学ワダム校と学術提携を結びました。

同校より学長Lord Macdonald卿が来日され、本学冲永佳史学長との次期学術提携の調印がなされました。

学術提携の内容は、本学が他の海外提携校と共同で主催している国際シンポジウムや短期集中講義にオックスフォード大学からも、講演者または講師として参加・派遣をするという学術提携となります。期間は5年間で、これまでの提携実績を踏まえて教員や学生の交流を通じて教育・研究における両校の連携をさらに深めていくことが確認されました。

 

翌5日には、Macdonald卿によるMedical Litigation(医療訴訟)に関する講演会が開催され学内の教員・学生50名以上が参加しました。Macdonald卿は、英国最高裁判事も歴任されており本講演では理論と実践の両面から最新の知見をお話しいただきました。講演会の後には、Macdonald卿を囲んでのランチレセプションが催され本学の教員・学生との親密なコミュニケーションが図られました。

 

調印式の様子01 調印式の様子02