帝京大学総合博物館の紹介

我が国の「博物館法」には、博物館を「歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を収集し、保管(育成を含む。以下同じ。)し、展示して教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資するために必要な事業を行い、あわせてこれらの資料に関する調査研究をすることを目的とする機関」と定義しています。したがって、帝京大学総合博物館(以下、「本館」という)もこの定義の下での、各種活動を行ってゆくことはもちろんですが、本館が「大学博物館」であること、また、「総合」の語句を冠していることに留意し、その名称に相応しい活動を目指したいと考えています。すなわち、本館がまず、大学教育レベルに対応した内容を保持すること、また、ある特定分野だけに偏らない総合性を保持すること、この2つをいつも念頭に置いた、高度で幅広い博物館活動を展開することをモットーとしています。そして、そのうえに立って、様々な企画展示やイベントなどを通して、本学学生の教育はもとより、一般社会や地域社会へも寄与することができればと考えています。

館長メッセージ

設立の経緯

スタッフ紹介