海外研修

海外ならではの多様なプログラムにより、グローバルな人材育成をめざします

2017年度、海外医療研修(アメリカ・コロラド州デンバー市)

福岡医療技術学部の海外医療研修は、現地でのセミナーや施設訪問を通じて、日米の医療・保険制度の違いを学んだり、また、さまざまなレクリエーション活動を通じてアメリカの文化を体験するという、質量ともにバラエティ-に富んだプログラムです。

研修実施内容

2017年度、海外医療研修(アメリカ・コロラド州デンバー市)

【研修期間】2017年9月4日~9月12日

【参加人数】学生22名、教員3名

9月4日

福岡出発、デンバー到着、現地オリエンテーション

【文化体験】学科間交流のためのバーベキュー・パーティ
9月5日

【講義】「アメリカ合衆国の医療と課題」 朝倉 由紀氏

【講義】「日米ヘルスケア・システムの国際比較」 T.R.リード氏

【見学】クレイグ病院

【オプショナルツアー】大リーグベースボール観戦

9月6日

【見学】アメリカ合衆国オリンピック・トレーニング・センター

【文化体験】アウトレット・ショッピング

9月7日

<理学療法学科・看護学科>

【大学訪問】レジス大学フィジカルセラピープログラム、ナーシングプログラム(学科共通:講義「米PT、NSの教育の歴史」、解剖授業(背中~臀部の解剖実践、部位ごとに心臓、肺、脳)、学生交流ピザランチ、IPEシュミレーションセンター実習、学科ごと:PT実習(バイタルサイン測定)、NS実習(点滴))

<診療放射線学科・医療技術学科>

【大学訪問】コロラド州立大学環境・放射線保健学科(加藤宝光先生研究室、大学附属動物病院)

9月8日

【見学】パーカー・アドベンチスト・ホスピタル

【文化体験】エステスパーク散策

9月9日

【文化体験】ロッキー・マウンテン国立公園 ベア湖~エメラルド湖ルートのハイキング

【オプショナルツアー】乗馬体験

【文化体験】スーパーにて食料の買い出し

【文化体験】山荘にて自炊、キャンプファイヤー

9月10日

【文化体験】ロッキー・マウンテン国立公園 アルパインビジターセンター散策

【文化体験】フェアウェル・ディナー、研修修了式

9月11日 デンバー出発
9月12日 福岡到着

主な研修内容

【2日目】セミナー「日米ヘルスケア・システムの国際比較」T.R.リード氏

世界各国の医療保険制度についてお話していただきました。講師のリード氏は、元ワシントン・ポストの特派員として、中国、韓国、日本に滞在した経験を持つアジア通のジャーナリストです。リード氏はその経験から、特に日本の医療制度の素晴らしさを知り、日本の医療現場にもたびたび足を運び、医療関係者にもインタビューを行い、それを基に一本のドキュメンタリー・フィルムを作成しました。今回学生もこのドキュメンタリーを見る機会を得ました。

リード氏によれば、世界の医療保険制度は①ベバレッジ・モデル(The Beveridge Model)②ビスマルク・モデル(The Bismarck Model)③ダグラス・モデル(The Douglas Model)④自己負担型モデル(The Out-of-Pocket Model)の4つに分類されており、35の先進国は①~③のいずれかに該当しますが、アメリカや中国は例外的で、独自の医療保険システムを有する国であると説明いただきました。日本の医療保険制度は③のダグラス・モデルに近く、理想的なモデルであり、リード氏の解説により、学生は改めてそのすばらしさを知ることができました。

【3日目】アメリカ合衆国オリンピック・トレーニング・センター訪問

コロラド・スプリングにあるオリンピック・トレーニング・センター(US Olympic Training Center)は、全米のトップ10に入るオリンピック選手専用のスポーツ施設です。オリンピック競技でメダル獲得を目的とした施設であるにもかかわらず、国からの補助金ではなく、寄付金で運営されていることに学生は驚いていました。オリンピック・センター内にあるリハビリ施設では、医師が常駐しておらず、理学療法士が必要に応じてオーダーをし、それを受けてX線撮影やMRI撮影が行われると説明をしていただき、日本の医療体制との違いを学びました。昼食時には、一般の人は立ち入ることができない選手寮にて、オリンピック候補の選手と一緒にコミュニケーションをとりながらランチタイムを楽しみました。

【4日目】レジス大学訪問(理学療法学科、看護学科)

この日はレジス大学(Regis University)を訪問し、学科ごとにセミナーが行われました。理学療法学科はスミス氏、看護学科はフラー氏による講義を行っていただきました。アメリカでは理学療法士になるために、専攻は問わずまずは学士号を取得し、その後、理学療法専門の大学院へ進学し博士課程を修了することが資格取得の条件となっており、作業療法についても2025年に専門の博士課程が設置されると説明していただきました。

看護に関しては、初めの2年間に短期大学などで必要単位を修得し、その後に4年制大学で学びます。また、看護師は最低でも修士号を取得しなければならず、多くの看護師は高度実践看護師をめざしていると説明があり、それぞれ日本との養成過程の違いを学ぶことができました。セミナーの後は、学科合同で解剖学の演習に参加し、肺や心臓、皮膚、神経などに直に触れ、各臓器の観察を行いました。日本では得られない大変貴重な経験を得ることができました。

最後に学科別に大学院1年次の授業に参加し、PT班はバイタル測定(血圧測定、脈拍測定)、NS班は点滴、投薬、看護管理を行いました。本学の学生が被検者となり、実施英語での会話を楽しみながら学ぶことができました。

【4日目】コロラド州立大学訪問(診療放射線学科・医療技術学科)

コロラド州立大学(Colorado State University)の加藤教授の研究室を訪問しました。加藤教授より、日本の診療放射線技師が行っている業務はアメリカではいくつかの資格に分かれており、撮影だけを行うRadiological Technician、放射線治療を行うRadiological Therapist、放射線治療の被曝線量計算を行うMedical Dosimetristなどの職種があり、各職種によって給与が違うことなどの説明がありました。また、加藤教授の実験室を訪問し、大学院生から研究の内容について直接説明を受け、日本において講義では習うものの実際に見る機会の少ないコロニー法の実験の紹介がありました。昼食時には、大学院生との交流を行う機会があり、学生が身振り手振りを交えながらコミュニケーションをとっている姿が印象的でした。昼食後、コロラド州立大学附属動物病院の見学を行い、大型動物用のPET-CT、MRI装置や放射線治療装置を見学しました。放射線治療施設では沈静状態で放射線治療を受けた犬が覚醒する時に立ち会うことができ、動物であるがゆえの放射線治療の難しさを垣間見ました。

【5日目】パーカー・アドベンティスト病院訪問

研修2日目に「アメリカ合衆国の医療と課題」で講演していただいた朝倉由紀氏が勤務するパーカー・アドベンティスト病院(Parker Adventist Hospital)を訪問しました。地域の救急救命にも対処できる病院であり、学生は3つの班に分かれて病院内の見学を行いました。アメリカでの出産時の入院日数は、原則として一泊で、出産翌日に退院するということを聞き、日本との違いに学生は戸惑いを感じていました。また、Interventional Radiology Room(IVR室)では、日本のIVR室との構造の違い、放射線防護に関する遮蔽の考え方の違い、業務従事者の被曝線量管理の考え方の違いなどを知ることができました。 その後、実際の手術室に入室させてもらい、現場を目の当たりにすることができ、貴重な体験となりました。がん病棟では患者さんの心ケアも行われており、放射線治療室(リニアック室)の見学も行いました。

【5日目~7日目】ロッキー・マウンテン国立公園ハイキングと観光

研修終盤には、ロッキー・マウンテン国立公園のハイキングと観光を行いました。ヒューマン・サイエンスを考えるとき、私たちは自然や生物の一員であることを念頭におく必要があります。今回のハイキングと観光は、自然や生物が形成する生態系を体感しながら「人間とは何か」を広義で考える貴重な体験となりました。また、時間を決め、夕食や朝食の準備し、大人数で食すということは、学科を超えた連携や基本的欲求である衣食住を考える上で、またとない機会となりました。

研修の様子

研修の様子01

研修の様子02

研修の様子03

研修の様子04

キーワードで検索