Korean Summer Session

協定校で韓国に触れ・学ぶ、約2週間の短期交流プログラムです

Korean Summer Sessionは、韓国東亜大学校が日本の協定・提携校の学生を招待し、さまざまな韓国文化を紹介する約2週間の短期交流プログラムです。韓国語の初級課程や韓国の社会・経済などに関する講座を受講するとともに、韓国の文化を肌で体験することができます。また、一部、招待学生として派遣される招待プログラムがあります。

Korean Summer Session概要

韓国協定校から招待される約2週間のプログラムです(単位付与はありません)。

派遣先機関

東亜大学校

派遣期間(予定)

約2週間(7月~8月)

募集対象学部

経済・法・文・外国語・教育学部

年次

1~4年次

募集人数

16名

■招待プログラム

応募学生の中で、招待学生希望者の内、条件を満たす学生1名は、招待学生として現地宿泊料、プログラム授業料が免除されます。

 

■招待プログラム応募条件:1~4の条件をすべて満たす者

1. 応募時点で、以下の学部に在学中の学生(除籍・休学・留年学生除く)

  経済学部、法学部、文学部、外国語学部、教育学部

2. 本学コリア語科目を履修中あるいは過去のセメスターにおいてすでに1科目以上の単位を修得した者

3. GPAが2.5以上の者

4. 韓国および韓国語(コリア語)・韓国文化に強い関心がある者

 

キーワードで検索