帝京大学

教職研究科

公衆衛生学研究科

ていきょう

ごあいさつ

研究科長からのメッセージ

Marketing Public Health
~これからも公衆衛生大学院(SPH)のフロントランナーとして~

帝京大学大学院公衆衛生学研究科(帝京School of Public Health、以下、帝京SPH)は、2011年4月に専門職学位課程として開設されました。Master of Public Health(MPH)に加えて、2014年4月にはDoctor of Public Health(DrPH)を取得できる博士後期課程も開講しました。わが国初の独立専攻の公衆衛生大学院(SPH)のひとつとして設立された帝京SPHは、設置前の準備期間を入れて約10年、国内SPHのフロントランナーとして走り続けてきました。卒業生は約100人を数え、国内外の公衆衛生の現場で活躍しています。

 

帝京SPHの特長は、ハーバード大学等との連携のもと、国際基準で必須とされる5分野(疫学、生物統計学、産業環境保健学、保健政策管理学、社会行動科学)を基本としたカリキュラム、21世紀の保健医療専門職の教育として必要とされるコンピテンシー基盤型教育を通じた問題解決のできる人材、すなわち、世の中や社会あるいは組織を変えることのできる“Change Agents”の育成です。

福田吉治 研究科長

公衆衛生学研究科長
福田 吉治

さらに、海外講師によるハーバード特別講義や国際サマースクール、帝京大学産業環境保健学センター(T-COEH)と協働した産業保健高度専門職養成の大学院プログラム、医師の専門医制度に対応した帝京大学大学院・社会医学系専門医プログラムなど、スピンオフの教育プログラムも充実させてきました。

 

私たち帝京SPHの役割は多々ありますが、一言でいえば“Marketing Public Health”、すなわち、公衆衛生を売り込み、広めることと言えます。より具体的には、人々に予防・衛生に関する知識や行動を広め、実践してもらうこと(Marketing Public Health “Behaviors”)、人々の健康を支援する公共政策を推進すること(Marketing Public Health “Policies”)、公衆衛生や保健療福祉に関する研究を促進すること(Marketing Public Health “Research”)です。さらに、専門職大学院として重要なのは、高度なコンピテンシーを持つ公衆衛生の専門職を育成し、帝京SPHだけでなく、他のSPHや公衆衛生関連の教育機関での教育制度を充実させること(Marketing Public Health “Education”)、そして、そうして育てた公衆衛生の専門職(MPHやDrPH等)を、公衆衛生やヘルスケアのさまざまな場所に売り込み、彼らの活躍できる場を広げていくことです(Marketing Public Health “Professionals”)。

 

日本や世界の公衆衛生と保健医療福祉は常に大きな問題を抱えています。時代により問題は変化し、解決方法も一様ではありません。現在、そして将来の課題と社会のニーズに対応できるChange Agentsを育てるため、私たち帝京SPH自身も変化をしながら、これからもトップスクールとして走り続けます。

 

なお、ここで紹介できたのは帝京SPHのごくごく一部です。帝京SPH開設時の初代研究科長の矢野栄二先生、その後の5年間を牽引した前研究科科長の山岡和枝先生の挨拶、最近の活動等、日々アップデートしているホームページをじっくりご覧ください。

 

帝京大学大学院公衆衛生学研究科

研究科長 福田吉治


Message from Dean


第二代研究科長からのメッセージ


初代研究科長からのメッセージ