篠竹昭彦研究室

当研究室では、燃焼・伝熱工学を基盤技術として、エネルギー・環境問題に取り組み、地球温暖化防止対策としてCO2排出量の削減につながるような研究を実施しています。
研究テーマとしては、①製鉄用高炉における吹き込み燃料転換(石炭から天然ガスやバイオマスへ)に関する研究、②熱伝導率が不均一な糸の伝熱挙動に関する研究、③産業におけるエネルギー源、消費、排出フローの効率化に関する研究、などを実施します。
学生が学部で学んだ数学、物理、化学、熱力学、燃焼工学などの知識を基盤としてものづくりの工業プロセスに結びつける「実学」の研究手法、実験技術、解析、報告書作成のスキルを身につけます。

基本情報

教員名・所属 篠竹昭彦教授 / 理工学部機械・精密システム工学科
専門分野 燃焼・伝熱研究
研究テーマ 燃焼・伝熱プロセスにおける燃料転換と効率化に関する研究
-低炭素社会の構築に向けて-
研究キーワード 燃焼、伝熱、環境、エネルギー、資源、製鉄、高炉、熱流体
教員紹介URL

研究紹介

製鉄用高炉の排出CO2削減のための炉内挙動に関する研究

製鉄用高炉では鉄鉱石の還元と熱エネルギー供給源として石炭・コークスが使われているためCO2が多量に発生します。排出CO2削減のため燃料を石炭など炭素比率の高い燃料から天然ガス、バイオマスなど水素比率の高い燃料に変更した場合、燃料種類の変化によって燃焼や流動挙動がどう変化するかを調べます。主として高炉を想定した冷間模型実験を行い、結果を解析・考察して実炉現象を予測します。

不均一な熱伝導プロセスにおける伝熱挙動に関する研究

熱伝導率が異なる物質が混合している糸での伝熱挙動は、高熱伝導率物質と低熱伝導率物質の分布、混合状態によって大きく変化します。主として伝熱実験を行い、加熱や冷却を加速してプロセスの効率を高めるには混合状態をどのように配置・制御すればよいかを研究します。

学会発表

キーワードで検索