高井久美子研究室

本研究室の研究領域は教育工学です。さまざまな力を身につけることが求められる現代に合った形で、どのように学修を支援することができるかを考え、実際に使っていくことで研究を進めています。教室で対面によって行う授業にICTを活用することや、在学中を通して授業以外の場面においてさまざまな力をつけていくことを研究の対象とします。そのほか、学修を支援するシステムの開発やそれらのシステムを用いた実践を行っています。

基本情報

教員名・所属 高井久美子講師 / 理工学部情報電子工学科
専門分野 情報学、教育工学
研究テーマ

情報技術を活用した教育と学習に関する研究

研究キーワード eラーニング、授業設計、eポートフォリオ、教育工学
教員紹介URL

研究紹介

長期的な視点に立ったティーチングポートフォリオの作成と維持管理の支援

教員のティーチングポートフォリオ作成とメンテナンスを長期的に支援することを目的とするプロジェクトです。学習パラダイム転換を背景に、教育業績を記録する資料の集合であるティーチングポートフォリオを作成することは、さらに一般的となることが予想されます。日々の教育・研究活動からティーチングポートフォリオを適切な内容へバージョンアップすることや、作成されたものを活用する方法などを研究しています。

 

ラーニングデザインによるICTを活用した授業デザインの記述と一般化に関する研究

ICTを活用した効果的な授業のデザインを、教員間で参照し合うことを目的として記述する方法を検討するプロジェクトです。優れた授業実践を自分自身の授業改善に生かそうとする場合、他の教員が実践可能な程度に詳しく授業デザインを記述する必要があります。どのような「状況」に対して、どのような「方法」をもって対応しようとしたかといった授業設計のポイントや、学習・教授活動の構成、実践の結果などの記述項目や方法を検討しています。

 

個協折衷の学習を指向したICT活用授業のデザインと評価

教室におけるICTを活用した授業の枠組みを設計して、この設計に基づいて授業を実践するプロジェクトです。学習支援システムLMSを用いた個別学習と、グループによる協働を含む協調学習とを組み合わせた授業で、「個別学習による基礎知識の修得」を行なうだけでなく、「協調学習の練習」と位置づけた学習活動を行なうことが、その後の「基礎知識を応用して問題解決をする協調学習」によい影響を与えていることが示唆されています。

論文発表・学会発表

キーワードで検索