古川文人研究室

本研究室では、質の高い教育を実現するために学習管理システム(LMS)といったeラーニングプラットフォームを基盤とするシステムの研究開発を行っています。
例えば、LMSのテスト機能を活用することで、正規の定期試験をオンラインで実施する環境の構築などを行ってきました。
教育面においては、1年生のプログラミング2、プログラミング演習1、情報技術基礎、2年生の論理回路、情報科学基礎実習2・3年生のオペレーティングシステムを担当しております。

基本情報

教員名・所属 古川文人講師 / 理工学部情報電子工学科
専門分野 高性能計算機システム、教育工学
研究テーマ ・情報通信技術を活用した教育・学習方法に関する研究
・高性能計算機システムに関する研究
研究キーワード 計算機アーキテクチャ、並列処理、学習管理システム、オンラインテスト
教員紹介URL

研究紹介

音声を再生時に合成する携帯端末向け講義ビデオに関する研究

インターネットを介して視聴できる講義ビデオは、学習教材として有用です。ただし、学習者が広く利用する携帯端末向けの公衆回線において、ビデオ視聴は、負荷の高いアプリケーションの一つであるため、ビデオのデータサイズをできるだけ小さくすることが望まれます。

本研究では、ビデオのサイズを軽減するために、音声を視聴時に合成する講義ビデオを提案し、サイズをどの程度軽減できるかを実験的に検証しています。また、提案する講義ビデオを視聴するためのAndroid端末上のアプリ、ビデオ作成するためのソフトウェアの開発も行っています。

本研究の成果については、2016年度の本研究室所属の学生が、情報処理学会第79回全国大会で発表しています。

学会発表

キーワードで検索