情報電子工学科のコース紹介

コンピュータ利用技術で繋がる3つのコースから自分流の学びを選びます

情報電子工学科は、コンピュータのソフトウェアからハードウェアに拡がる3つのコースを設けています。「情報科学コース」では、ソフトウェアとしての情報システムを構築し運用できる情報技術者を、「情報メディアコース」では、幅広いメディア表現技術を応用し機能的で使い易いマルチメディアコンテンツを制作できる情報技術者を、「エレクトロニクスコース」では、ハードウェアとしての電子システムを設計し製作できるエレクトロニクス技術者をめざして、専門知識を深め、技術力を高めていきます。プログラミング、論理回路などのコンピュータの基礎を全員が身に付け、自分流の技術者をめざして、2年進級時に3つのコースからいずれか1つを選択します。

情報科学コース

ソフトウェアとしての情報システムを構築し運用できる情報技術者

情報科学コースでは、情報システムデザイン、ソフトウェア工学、データベース論、人工知能、計算機アーキテクチャ、オペレーティングシステム、グラフ理論、オートマトンと計算理論などの授業を通して、情報科学分野の専門知識を深めるとともに、情報科学プログラミング、情報科学基礎実習、情報科学実習を通して技術力を高めることによって、ソフトウェアとしての情報システムを構築し運用する力を身に付けます。卒業研究では、教育学習支援システム、情報セキュリティと暗号、機械学習、知的情報処理システム、ネットワークやプログラムの可視化技術などの分野のテーマに取り組みます。

情報メディアコース

機能的で使い易いマルチメディアコンテンツを制作できる情報技術者

情報メディアコースでは、画像情報処理、コンピュータグラフィックス、モデリングとアニメーション、実用パターン認識、マルチメディアデザイン、ウェブ技術、ウェブアプリケーション、ヒューマンコンピュータインタラクションなどの授業を通して、情報メディア分野の専門知識を深めるとともに、情報メディアプログラミング、情報メディア基礎実習、情報メディア実習を通して技術力を高めることによって、幅広いメディア表現技術を応用し機能的で使い易いマルチメディアコンテンツを制作する力を身に付けます。卒業研究では、3次元コンピュータグラフィックス、デジタルコミックス、バーチャルリアリティ、パターン認識応用技術、Webアプリケーションなどの分野のテーマに取り組みます。

エレクトロニクスコース

ハードウェアとしての電子システムを設計し製作できるエレクトロニクス技術者

エレクトロニクスコースでは、計測論、制御工学、組込みシステム、ロボット工学、ロボット制御、医用エレクトロニクス、電子デバイス、通信システムなどの授業を通して、エレクトロニクス分野の専門知識を深めるとともに、電気回路演習、電子回路演習、エレクトロニクス基礎実験、エレクトロニクス実験を通して技術力を高めることによって、ハードウェアとしての電子システムを設計し製作する力を身に付けます。卒業研究では、自律型ロボット、人支援技術、生体情報計測、イメージング技術、無線制御システムなどの分野のテーマに取り組みます。

キーワードで検索