理工学部の産学官連携

機械、素材、バイオ、航空宇宙など多岐にわたる分野で共同研究を推進

理工学部では、自動車メーカー、素材メーカー、バイオ関連メーカー、そして航空宇宙関連などの企業、さらに宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの研究機関や自治体、他大学と共同で多岐にわたる技術研究や開発を積極的に進め、数々の成果をあげています。

フェルト、またはウレタンフォームを含む積層防音材の音響性能 予測技術の研究(機械・精密システム工学科)

層防音材の有限要素モデル
層防音材の有限要素モデル

【共同研究先】アサヒゴム株式会社

フェルトやウレタンフォームは自動車の防音材料として広く用いられています。吸音・遮音性能向上のため、ゴムシートやビニールフィルム、フェルト等と積層して用いることも多用される手法です。フェルトやウレタンフォーム単体の吸音・遮音性能は市販の性能予測用解析ソフトでも良い結果を示しますが、それらの素材を積層した状態(特に通気性の無い材料を積層した場合)では解析精度が低く、音響特性を十分に予測することができません。本研究では、フェルトやウレタンフォームを含む積層防音材の吸音・遮音性能を予測可能にする技術研究を行っています。

自動車メーカー企業と、繊維の吸音率予測技術の開発(機械・精密システム工学科)

自動車に用いられる繊維吸音材
自動車に用いられる繊維吸音材

繊維がどれだけの音を吸音するのか、その予測技術の開発を行っています。繊維の吸音率を予測するためには、Biotパラメータを計測する必要がありますが、そのためには大掛かりな計測装置が必要となります。そのため、繊維の繊維径、密度、目付けから吸音性能を予測する技術を開発し、自動車に最適な繊維径や繊維配合を検討しています。

製鉄プロセスの燃焼・伝熱の研究(機械・精密システム工学科)

高炉の図
高炉の図
(新日本製鉄(株)編著「鉄と鉄鋼がわかる本」より)

【共同研究先】新日鐵住金株式会社

高炉などの製鉄プロセスにおける所要エネルギーや排出CO2を低減するために、燃焼・伝熱メカニズムなどに関わる基礎的な研究を行っています。

バイオディーゼル燃料利用促進に協力(機械・精密システム工学科)

バイオディーゼル燃料
バイオディーゼル燃料

【共同研究先】株式会社ポーラーズ

株式会社ポーラーズ研究所は小山市と共同で「おやま菜の花・バイオ・プロジェクト」に取り組んでおり、廃油由来のバイオディーゼルの製造および販売を行い、バイオディーゼル燃料利用促進に協力しています。本研究は株式会社ポーラーズと連携しながら、塵芥車やバスなどの公共機関に搭載されたコモンレールシステムを装着したエンジンに使用される高濃度(B100)バイオディーゼル燃料が、燃費や排出ガスおよび微粒子数などにどう影響するか、などをテーマとした研究に取り組んでいます。

栃木県産小型人工衛星の開発(航空宇宙工学科)

栃木県産小型人工衛星の開発
栃木県産小型人工衛星の開発

【共同研究先】栃木県および栃木県内協力企業

2014年2月28日(金)午前3時37分に種子島宇宙センターより打ち上げられた栃木県初(発)の小型人工衛星” TeikyoSat-3 ”は、まさしく栃木県産の衛星と言っても過言ではありません。衛星の筐体製作(東都工業株式会社)、部品の表面処理(加治金属工業株式会社)、ナットプレートの取り付け(株式会社三洋製作所)、モジュール容器製作(株式会社湯原製作所)、断熱材MLIの製作(栃木カネカ株式会社)、特注シャーレの製作(株式会社佐治商店)、環境試験(栃木県産業技術センター)、関係者・協力者の名前を記載した銘板の搭載など「産官学民連携」の人工衛星となりました。TeikyoSat-3で得られた知識と経験を生かして、現在後継機の開発中です。

人工流れ星プロジェクト(航空宇宙工学科)

人工流れ星プロジェクト
人工流れ星プロジェクト

【共同研究先】株式会社ALE、首都大学東京、日本大学等

株式会社ALE、首都大学東京、日本大学をはじめとする複数の企業、大学等と共同で、超小型衛星を用いて人工流れ星を発生させるシステムの実現にむけて研究活動を進めています。この人工流れ星プロジェクトでは、特殊な素材の流星源を軌道上から所定の方向に精密に放出し、大気圏に再突入させることにより、希望する時間、地域の夜空に自在に流れ星を発生させることをめざしています。航空宇宙工学科渡部研究室では、専門メーカーで開発された放出機構の各種試験・性能測定や、衛星内部で流星源を供給する機構の開発研究などを担当しており、プロトタイプモデルを用いた基礎実験などを実施しています。

微細藻類を用いたバイオ燃料生産技術を企業と共同研究(バイオサイエンス学科)

バイオ燃料生産技術
バイオ燃料生産技術

バイオ燃料開発を行っている企業との共同研究により、私たちの最先端の研究を応用に結び付ける取組みを行っています。微細藻類の遺伝子レベルでの環境応答解析や分子育種などに、今後の進展が期待されています。

キーワードで検索