航空宇宙工学科の進路・就職先状況

航空、運輸、機械などの分野で厚い信頼を築いています

最先端の科学技術を実践的に学んだ学生たちへの社会の信頼の厚さを反映し、航空関連産業や機械製造業、運輸業などに数多くの卒業生が進出。大学院へ進学してさらに高度な研究を重ねる学生も少なくありません。

航空宇宙工学コース

卒業後の進路実績

割合では運輸が最も多く、技術サービス(設計等)などが選択されています。
2018年実績

主な進路

ANAベースメンテナンステクニクス/ANAラインメンテナンステクニクス/ANAエアポートサービス/ANA中部空港/朝日航洋/富士エアロスペーステクノロジー/前田道路/タマディック/坂本工業/宮崎交通/帝京大学大学院

ヘリパイロットコース

卒業後の進路実績

多くの卒業生が運輸業界への進路を選択しています。
※2018年実績

主な進路

東北エアサービス/朝日航洋/東邦航空/ヘリサービス/警視庁/ディーエイチシー ヘリコプター事業部/海上保安庁/山梨県警察本部

キーワードで検索