バイオサイエンス学科について

バイオサイエンスを基礎から学び、世の中に役立つ能力を追究します

バイオサイエンスの研究対象は多岐にわたり、興味や目的に応じてさまざまな分野にチャレンジすることができます。植物の生理機能やバイオ燃料生産について学ぶ「植物分野」、生命現象の基礎や微生物の活用について学ぶ「微生物分野」をはじめとして、「生命工学分野」ではワクチンや人工血管など医療に関連する研究、「動物分野」では発達障害の神経病態の解明、「食品分野」では食品の機能性の研究、「化学系分野」では物質の創製と再生に取り組む研究など、幅広く学べるカリキュラムを用意し、最先端の生命科学に触れながら、社会のニーズに応える能力を養成します。

植物科学分野

植物科学分野

植物の持つ不思議な力を研究

最先端の質量分析計を用いた植物ホルモンの機器分析、蛍光顕微鏡・共焦点レーザー顕微鏡等からなるバイオイメージングシステム、レーザーマイクロダイセクション装置、植物実験温室などを活用し、ジャスモン酸などの植物ホルモンの化学と生理機能、トマトなどの接ぎ木接着や切断された植物組織の修復に関する研究、植物における病害抵抗性誘導機構、微細藻類を用いたバイオ燃料生産の基礎研究などを行っています。本学科の特徴を生かしたこれらの研究は、国内外での学会や国際学術雑誌で発表されており、海外の研究機関からも注目を集めるなど高い評価を得ています。

食品分野

食品分野

食品に秘められた機能性を研究

生体分子化学研究室では、便通改善作用を有するカカオプロテイン(カカオ豆由来のタンパク質)や動物のがん抑制作用や肌保湿向上作用、また植物の病害抵抗性作用などさまざまな作用を有するスフィンゴ脂質(グルコシルセラミドやセラミドなど)の生体内での役割の解明に取り組んでいます。また、食品分析学研究室では、種々の質量分析計を用いた生体分子の網羅的かつ時空間的な解析による農産物中の新規機能性成分の検索、および最先端のイメージング技術を用いた機能性成分の生体内における分布と動態の解明に取り組んでいます。これらの研究で得られた新知見をもとに、学内はもちろん、他大学(宇都宮大学など)、自治体や大手企業(㈱明治など)の研究機関とも連携して、高品質・高付加価値を有する食品や農産物の開発をめざしています。

動物系分野

動物系分野

発達障害の神経病態の解明

本研究分野は、2013年度に立ち上げた脳神経科学を中心とした研究分野です。分子神経生物学や神経生理学、脳組織学、行動薬理学など様々な研究手法を用いて、脳の発達に関する研究に取り組んでいます。特に、自閉スペクトラム症をはじめとする脳発達障害において、病態関連遺伝子に着目したノックアウトマウスやトランスジェニックマウスなど遺伝子改変技術により開発した病態モデルマウスを用いた研究は、国立精神・神経医療研究センターや東京都医学総合研究所、理化学研究所、東京大学医科学研究所など国内のトップレベルの大学・研究機関との共同研究を通して、病態解明から新たな診断・治療法の開発をめざしています。

微生物分野

微生物分野

微生物の不思議を解明し、微生物の力を社会に役立てる

酵母を使った染色体維持機構の分子レベルでの解明、放線菌など微生物由来の生理活性物質の探索、細菌ウイルスを用いた感染防御法の開発など生命現象の基本を探求したり微生物を社会に役立てる研究をしています。

生命工学分野

生命工学分野

ワクチンや人工血管など医療に関連する研究

人体内で抗原として働く物質を食用植物に組み込んだ「食べるワクチン」の開発や、人工血管の挙動や内壁構造を生体血管に近づけるための研究に取り組んでいます。

化学系分野

化学系分野

物質の創製と再生に取り組む研究

化学分野では、使用済みのプラスチックを新たな生産原料に変換するケミカルリサイクリングの研究、植物ホルモンなどの有機天然化合物の化学合成や構造決定を主として行っています。

キーワードで検索