薬学科のカリキュラムのしくみ

患者さんの立場で考えられる、医療現場の科学者を育てています

薬学部6年間の教育を通じて、段階を追って高度な知識や態度を身につけられるような「ステップ・バイ・ステップ」のカリキュラムが用意されています。専門科目を理解する上で基盤となる基礎科目の修得から専門科目・実務科目へと、学年が上がるにしたがって徐々にステップアップしていきます。また、1~5年次までの各学年で履修する演習を通して薬剤師に必要なコミュニケーション能力を身につけていきます。5年次に行われる病院と薬局での実習では、最新の設備が揃う臨床現場で、高度な先端医療を意識しながら、実践的な知識・技能・態度を習得します。

薬学部薬学科のアウトカム

1. 倫理観とプロフェッショナリズム:医療人として温かい人間性と高い倫理観を持ち、他者の尊厳や人権等に配慮した利他的な観点で共感的に誠実で素直に行動し、自己研鑽に努め、あわせて次世代を担う人材の育成を行うことができる。

2. チーム医療を通した患者中心の医療への参画:コミュニケーション力により患者、患者の家族、医療チームのメンバー等と信頼関係を築き、専門職連携を通して、患者中心の視点でチーム医療に参画できる。

3. 医薬品の適正な調製と取扱い:医薬品の物理的・化学的特性を考慮し、法規・制度や社会環境等に配慮し、求められる医療に必要な医薬品の調製と取扱いを適正に行うことができる。

4. 薬物治療の実践:科学的な根拠の下に医薬品等が生体に及ぼす影響を理解し、患者個人の背景を尊重した適切で効果的な薬物治療を実施できる。

5. 国民の健康維持と地域医療への貢献:地域における保健・医療・福祉の資源を把握・活用し、地域医療連携を通して、地域住民の健康維持・増進を支援できる。

6. 科学的探究心:基礎、臨床および社会薬学領域での研究の意義を理解し、医療における問題点を科学的・論理的に考え、薬学的視点から問題解決を推進する姿勢を示すことができる。

専門科目

※2018年5月現在の予定であり、一部変更の可能性があります。

授業紹介①「薬学への招待」

薬学部では“学修の動機付け”となり“自主的な学び”を促すために、知識を教員から学生への一方向で伝える形式の講義だけでなく、学生が能動的に学ぶことのできる双方向の形式「アクティブラーニング」を取り入れています。

その中のひとつ「薬学への招待」は、薬学部で学ぶ意義と学修目標を明確にするための、1年次の必修科目です。薬学に関する身近な話題を交え、薬の誕生から患者さんへの適用、薬剤師の使命まで、薬に関係した広い分野の基礎知識や自ら学ぶ姿勢を養うことを目標としています。また、カリキュラムの一環として病院や薬局などの医療施設を見学する早期体験学修も行っています。実際の臨床現場を見学・体験することで、患者さんを中心にした医療や福祉を身近に感じ取るとともに、社会における薬剤師の役割と使命を広い視野で学び、6年間の学修に意欲を高めます。

授業紹介②「薬学コミュニケーション」

「薬学コミュニケーション」は、臨床現場でのコミュニケーションスキルを身につけるための実践的なカリキュラムです。1年次に医学部・医療技術学部と合同で行われるヒューマンコミュニケーションを発展させ、2~5年次に必須科目として履修します。授業は少人数のグループで行い、講義のほかにSGD(Small Group Discussion)、体験学修、ロールプレイなどを通して、対面コミュニケーションはもとより、文書でのメッセージの伝え方やコンピューターを用いたプレゼンテーションの行い方などの実技を実践的に学びます。内容としては、高齢者や障がい者、薬害被害者への配慮、倫理観などのヒューマニズムについてもとりあげます。

授業紹介③「薬学実習」

薬学実習は1年次から4年次まで各学期に行われる実習です。物理化学、分析化学、有機化学、生化学などの基礎薬学分野、薬理学や薬剤学などの医療薬学分野、衛生薬学分野、病院実習や薬局実習に備えるための実務薬学分野という多岐に渡る分野を網羅しています。実習で体験することにより、講義で得られた知識を活かすための技能と態度を向上させることを目的としています

キーワードで検索