薬学科

  • 板橋キャンパス

3つの特色

薬剤師の使命や役割、一般教養を学ぶことにより、豊かな人間性を育成

少人数での討論、模擬服薬指導などの多彩な演習や教養科目によって医療人としての素養を磨き、豊かな人間性を育みます。

 

病院と薬局での実務実習を通して、倫理観や実践力を学習

医学部附属病院と連携した最新の学習環境を提供。高度な医療現場での経験を通して薬剤師としての倫理観や、実践的な専門知識・技術を習得できます。他学部とも連動したチーム医療も学べます。

 

薬学研究などを通して、医薬を掘り下げて追求する薬剤師を育成

物理・化学・生物などの基礎薬学科目をしっかり学び、医療における問題点を科学的・倫理的に捉えます。薬学的視点から問題解決をする力を身につけ、医薬を化学的に追求する薬剤師を養成します。

薬学科 Close-UP

薬学共用試験OSCEの様子

薬学共用試験OSCEの様子

「薬学共用試験」

Computer-based Testing(CBT)の形式に慣れるために1~3年の各学年末にコンピューターを用いた試験を取り入れ、4年次にはCBTを意識したカリキュラムを用意しています。客観的臨床能力試験(OSCE)に関連する講義や演習も実施しています。また、帝京大学薬学部SP研究会により標準模擬患者を養成しています。

「実務実習」

実務実習は5年次に病院と薬局でそれぞれ11週間行われる実習です。6年制薬学部の集大成ともいえる実習となります。全国共通のカリキュラムに沿って行われますが、実習の一部は施設ごとの特色を生かしたものとなります。これに先立ち4年次までにさまざまな講義・実習・演習が実務実習事前学習として組まれています。

カリキュラムのしくみ

成績評価と単位認定

教員紹介

薬学科の教員をご紹介します。

薬学科のシラバス(Web講義概要)

薬学科のシラバス(Web講義概要)についてご紹介します。

認証評価について

キーワードで検索