スポーツ医療学科 トップアスリートコース

  • 八王子キャンパス

本コースについて

医療技術学部スポーツ医療学科トップアスリートコースはスポーツ推薦者専用コースとなります。スポーツ推薦は原則トップアスリートコースとしますが、トップアスリートコース以外の学部・学科・コースに若干名入学を認める場合があります。

競技者や指導者として将来活躍できる人材を育成します

本コースはスポーツ推薦者専用で、これまで取り組んできた競技についてさらに深く学び、より技術面の向上をめざす人のためのコースです。入学後は講義や実習などと両立をしながら、自身の競技するスポーツに力を注いでいきます。

トップアスリートコースについて

トップアスリートコースについて

本コースはあらゆるスポーツの競技者、またその指導者として的確に判断し、対応ができる人材の育成を行っています。健康スポーツコースとカリキュラムが共通する部分も多く、同コースとともに保健体育教諭、アスレティックトレーナー、健康運動指導士などの資格取得をめざし、社会に貢献できる人材を輩出します。さらに、本コースはアスリートの育成を重点的に行っており、技術や指導方法だけでなくアスリートとしての心構えを学んだり、スポーツというものを客観的にとらえ、今後の課題について考えていくことが特徴です。

特徴的な授業の紹介

競技者演習

現役のコーチ陣が自ら指導者として競技者に必要な精神や心構えに加え、チームの運営・指導・マネジメントについて指導します。明確な目標設定、イメージトレーニングの重要性、そしてリーダーに求められるコミュニケーションスキルやフォロワーシップの引き出し方を学びます。実際に競技を通して学ぶことでフィジカル面を鍛えるだけでなく、メンタル面まで強化し、将来のスポーツ指導者としての資質を高めます。

体育方法演習

体育方法演習

プロスポーツ、地域スポーツおよび学校体育などいたるところで行われているスポーツを、文献整理、ディベート、グループワークおよびトレーニング実技を通してそれらの意義を知り、スポーツの抱える課題について考え、その指導方法を学びます。また、ストレッチング・マッサージ・アイシング・アクアティックトレーニングなど、最高のパフォーマンスを発揮するために行うコンディショニングについても学習し、故障・傷がいの予防についても理解します。さまざまな角度からスポーツを捉え、それについて発表する場を多く設けることで、自分の考えを論理的にまとめ、わかりやすく発表する力も同時に養います。

 

※本コースの成績評価と単位認定については、スポーツ医療学科 健康スポーツコースのページと同様になります。

詳細は下記ページをご参照ください。

シラバス(Web講義概要)

スポーツ医療学科 トップアスリートコースのシラバス(Web講義概要)についてご紹介します。

キーワードで検索