スポーツ医療学科 健康スポーツコースの実習

授業で学んだことを生かし、実践力を身につけます

実際の現場で求められる技術や指導力について学び、卒業してから社会で活躍できる力を育てます。また、実習を通して人とのやり取りを行うなかで、コミュニケーションについても学びます。

教職分野の実習

スポーツ方法実習Ⅰ(バスケットボール)

スポーツ方法実習Ⅰ(バスケットボール)

本授業は、保健体育科の教員をめざす学生にとって重要な科目です。中学や高校における体育の授業の中で、バスケットボールを指導展開する事例が多いことや、何より競技人口が男女ともに多いことがその理由です。しかしながら、近年の学生たちはこれまで部活動で自分が行ってきた競技は得意でも、それ以外は苦手というケースが多く、バスケットボールのシュート、ドリブル、パスの技能もさまざまなレベルです。この授業においては、これらの基本的な技能修得はもちろんのこと、基本戦術や試合分析、審判法など、プレーのやり方以外の側面も学修します。

授業指導法(陸上競技)

授業指導法(陸上競技)

学習指導要領で取り扱う陸上競技(走・跳・投)の種目を取り上げ、学校教育および地域でのスポーツ活動の指導に必要な理論と技術、指導法を模擬授業などの実践的な学習により習得することをめざします。具体的には、「中・高保健体育科教員免許取得をめざすために陸上競技の基本となる理論・技術」、「安全管理(事故防止、危険回避)も含めた指導方法および、発達・学習段階に応じたトレーニングの方法の理解と実践」、「指導上の留意点や配慮事項の考慮、技術指導のための模範」を示せるようにします。

そのため、「学習指導要領」に示されている種目の技能を身につけ、一定記録に達することをめざすとともに、陸上競技の指導をする上で必要な理論・知識の獲得や、上記実技にかかわる指導案の作成をし、模擬授業を実施します。

健康運動指導士分野の実習

運動処方演習

本授業は、4年次の健康運動指導士資格取得のための集大成となる科目の1つです。高齢者や疾病を有する対象者の運動処方作成の前提として、運動負荷試験は欠かせない検査です。よって、トレッドミルおよび自転車エルゴメータでの運動負荷試験中の血圧・心拍数・心電図・血中乳酸・ガス分析の測定、そしてこれらのデータをもとにした運動処方を現役の医師が指導しています。

健康運動指導士現場実習

健康運動指導士現場実習

運動処方演習と同じく4年次に開講されている健康運動指導士資格取得のための集大成となる科目の1つです。栃木県にある(一財)日本健康財団において2週間の合宿形式で実施しています。一般スポーツクラブでの運動指導や施設管理に関する研修に加え、市町村の高齢者指導や転倒予防教室や企業での運動指導を体験します。

アスレティックトレーナー分野の実習

検査測定と評価

検査測定と評価

本授業では、これまで学んできた解剖学・運動学・バイオメカニクスを統合して、人の基本動作やスポーツ動作がどのように行われているのかを検査・測定・評価することを目的としています。トレーナーに必要な検査・測定・評価の理論を理解したうえで、走る・跳ぶ・投げるなどの基本動作のバイオメカニクスとその動作を評価するための視点が得られようにし、また姿勢の評価や関節可動域の測定、筋力の測定表方法を学び、スポーツにおけるけがの原因分析やトレーニング・リハビリテーションプログラムを作成するためにどのように活用するかを実習形式で学びます。

スポーツ現場実習

スポーツ現場実習

本学は大学トップレベルの運動部を数多く有しており、その中で、実際の競技現場でアスレティックトレーナーがどのような仕事をしているか見学します。また、学生のスキルアップとともにアスレティックトレーナーの活動であるアスレティックリハビリテーションやコンディショニング、傷がい評価などの指導を受け、実際にメニューの作成や、傷がい評価を行い、選手への指導やチーム活動など多くの活動に参加し、アスレティックトレーナーに必要な知識を深めていきます。他にも学生同士の発表を行い、多くの知識を共有する現場実習報告会を行い専門知識を高めていきます。このような経験をふまえて、(公財)日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格取得をめざします。

上記以外の分野の実習

エアロビックダンスエクササイズ実習

エアロビックダンスエクササイズ実習

エアロビックダンスエクササイズは、リズミカルな音楽にのって色々なステップを踏む運動で、全身持久力が高まり生活習慣病予防やストレス解消にも役立ちます。この授業ではフィットネスインストラクターになるために必要な実演能力と指導能力、そしてプログラミング能力を身につけ、ADIや健康運動指導士、健康運動実践指導者などの資格取得をめざします。基礎編では、音楽に合わせ基本的なステップを習得し、正しくダイナミックに動けること、さらには見本を見せながら動き方を指導するスキルを身につけていきます。応用編では、実演・指導スキルに加えオリジナルのプログラムを作成し、より高い指導スキルを身につけることを目的としています。3面鏡張りのスタジオでは自分の動き方をチェックしたり、グループエクササイズのインストラクター役になり模擬指導を行っています。リズミカルな音楽と学生達の元気なかけ声がスタジオ中に響く授業です。

キーワードで検索