スポーツ医療学科 健康スポーツコースについて

ライフケアにかかわる幅広い知識と技術を身につけます

近年、スポーツはアスリートだけのものではなく、生涯スポーツとして多くの人びとにもなじみのあるものとなっています。本コースでは、スポーツを通して広く健康の維持・増進に貢献できる人材を育成します。

健康スポーツコースとは

健康スポーツコースとは

本コースはアスリートの身体のケアだけでなく、医学的な知識や運動指導にもとづき、さまざまな人びとの健やかな身体づくりのサポートを行い、社会に貢献する人材を育成するコースです。「教員」、「健康運動指導士」および「アスレティックトレーナー」など希望する進路に向けて、入学時より履修する授業を計画的に考えていきます。身体のつくりやしくみ、働きなど基礎となるスポーツ医学を学ぶことに加え、演習・実習を通して多くの経験を積むことで、より実践的に学び技術を身につけます。

教員をめざす

学びの内容

基本的な教員の役割・職務内容について学ぶだけでなく、保健体育教諭として安全にスポーツの素晴らしさを生徒に伝え、上達させるにあたり必要となる基本的な身体のしくみや運動機能に関する知識、医学的な専門知識、スポーツの指導技術、そしてけがの予防・応急処置まで幅広く兼ね備えたスポーツ指導者の育成を行います。

 

■めざせる校種・教科

中学校・高等学校教諭一種(保健体育)、養護教諭一種の免許取得をめざすことができます。専門の教科の指導法に加え、教職自体に対する理解を深め、生徒とのかかわり方や部活・学級経営など、一教員として求められる力を養います。

健康運動指導士をめざす

学びの内容

学びの内容

健康と運動のかかわりについて学び、身体を動かすことの楽しさや健康・体力づくりの必要性の認識を深め、基本的な身体の構造や診断法を理解し、スポーツ傷がいやスポーツ医学の各分野の知識を学びます。

■健康運動指導士とは

(公財)健康・体力づくり事業財団の認定資格である健康運動指導士は、スポーツ医療の知識を生かし、保健医療関係者と連携して健康の維持・増進のために安全で効果的な運動プログラムの作成および計画の調整を行います。運動施設、保健センターおよび病院など幅広い分野で活躍できます。

アスレティックトレーナーをめざす

アスレティックトレーナーをめざす

学びの内容

競技者を支えるトレーナーとして、競技者がけがから復帰するために行うアスレティックリハビリテーションや、よりよいパフォーマンスのために競技者のコンディションを整えていくことなどを学びます。また、知識・技術の習得だけでなく、アスレティックトレーナーとしてさまざまな世代の人と働く際に重要となる、礼儀・作法・人間性も重要視してコミュニケーションのとり方についての指導もしています。

■アスレティックトレーナーとは

(公財)日本体育協会の認定資格であるアスレティックトレーナーは、医科学の知識をもとに競技者のコンディショニングやけがの予防、応急処置、けがから復帰に至るまでの計画立案・指導等を行います。

その他 めざせる資格

その他 めざせる資格・免許

「教員」「健康運動指導士」「アスレティックトレーナー」以外に、下記の資格取得をめざすことも可能です。まずは自分の目標とする職業を明確にし、それに必要な資格を取得することが将来への第一歩です。

  • 健康運動実践指導者受験資格
  • 障害者スポーツ指導者(初級)
  • トレーニング指導者受験資格
  • スポーツリーダー
  • アシスタントマネジャー受験資格
  • エアロビックダンスエクササイズインストラクター(実技試験免除資格)
  • レクリエーション・インストラクター
  • 第一種衛生管理者
  • 予防技術資格者受験資格
  • キャンプインストラクター

※2つ以上の資格(教員免許を含む)を取得する場合は4年以上かかることがあります

キーワードで検索