診療放射線学科の臨床実習

実習を通して医療人としての高い倫理観、学識、素養を身につけます。

3、4年次より医学部附属病院をはじめとした関東一円の医療機関での臨床実習が始まります。講義や実験で身につけた知識を実際の現場で体験的に学習することで、知識も技術も確実に身につけていきます。この専門性の高い臨床実習を通して総合的な演習と試験で実力を養成します。

実習・演習スケジュール

実習・演習スケジュール

臨床実習科目

臨床実習1

診療画像技術学実習Ⅱ(病院実習)撮影編

「診療画像技術学実習Ⅱ(病院実習)」は、病院で行う初めての実習です。主に、X線単純撮影、X線透視造影検査(消化管、血管)、X線CT検査、MRI検査、乳房X線撮影、骨密度検査、超音波検査について学びます。病院実習は、大学病院、国公立病院、民間総合病院などで行われ、実際の診療業務としての診療放射線技師の役割りやチーム医療の必然性、患者接遇、X線撮影技術、画像検査技術、さらには社会人のマナーを体得します。病院実習前には、診療放射線技師教員からの綿密なガイダンスを行い、病院実習後には、臨床実習報告会により学生が臨床実習で習得した成果を発表します。診療放射線学科では、病院実習を通して学生が教科書や学内講義で学ぶことができない実学を習得し、診療放射線技師への志を高めて行くことを期待しています。

診療画像技術学実習Ⅱ(病院実習)OSCE編

臨床実習は3年次の後半より行われますが、実際の患者さんと対峙する最初の経験となります。見学も含め臨床実習担当者の指導・指示のもとの行動となりますが、学内で行うX線撮影実習はファントム(模型)を用いて行うため、患者対応を含めた総合的な技術が求められます。このギャップを少しでも埋めるべく実践しているのが、OSCE(Objective Structured Clinical Examination、客観的臨床能力試験)です。具体的な内容は、患者役を定め、一定時間内に指示された撮影を、患者接遇・誘導も含めて最初から最後まで一連の実務をこなし(但しX線は出さない)、それを試験として教員が評価するものです。実際に人に指示することに慣れるだけでなく、試験に至るまでに真剣に取り組むことで、心構えができ、知識が膨らみ、さらには教員より問題点を指摘されることで臨床実習前に各自の欠点を改善することをめざします。

核医学・放射線治療学(臨床実習)

核医学検査と放射線治療分野は、共に大規模な設備や装置を必要とするため、学内の講義で学んだ専門知識を前提に、外部医療機関の臨床現場で実習を行います。核医学検査は、非密封放射性同位元素(RI)を放射性医薬品として体内に投与し、体外に放出されるガンマ線を検出して疾患の状態を診断するため、各検査技術とRIの特性や扱い方だけでなく、放射線管理についても学びます。一方、近年がん治療として注目されている放射線治療は、診断用X線と異なり、100万ボルト以上の高電圧による高エネルギー放射線を利用します。従って、病巣への正確な照射と線量計測、品質保証などを確実に行うことが最重要となります。また進歩の速い分野であり、新しい照射手技なども学ぶ場にもなります。そして両分野共に、すでに疾患を持った患者さんが主な受診者となるので、技術や検査法だけでなく、臨床でしか体験できない患者接遇も学びの中で身につけていきます。

おもな実習先一覧

帝京大学医学部附属病院、帝京大学医学部附属溝口病院、東京慈恵会医科大学附属病院、日本医科大学付属病院本院、昭和大学病院、東京女子医科大学病院、慶應義塾大学病院、虎の門病院、JCHO東京新宿メディカルセンター、聖路加国際病院、日本大学医学部附属病院、聖マリアンナ医科大学病院、関東労災病院、国立がん研究センター東病院 ほか

(2016年4月現在)

キーワードで検索