視能矯正学科の成績評価と単位認定

評価基準を明示するとともに、厳格に評価を行います

視能矯正学科では、評価基準、年次別進級条件、卒業・修了条件のすべてについて教育要項に明記し、学生に対してもガイダンス等を通して周知徹底を行っています。条件は厳格に定められ、公正な評価を可能にしています。

成績評価

進級・卒業認定などの基準

年次別進級条件と卒業・修了要件は、教育要項に明示し、年度はじめのガイダンスで学生に周知・徹底しています。

年度末に進級判定および卒業査定判定会議を開催し、査定資料をもとに進級・卒業査定が厳格に運用されており、教育要項に明示した進級・卒業要件を満たさない場合、原級留め置きとなります。

すべての科目の評価基準が毎年学期はじめに配布される教育要項に明示されます。評価尺度は科目によって異なりますが、一般的には、定期試験の成績、レポートなど提出物の成績、出席状況、学習態度などを按分して総合計で評価しています。


1つの授業科目につき、2/3以上の出席と60点(C評価)以上の成績評価を受けた場合、所定の単位を認定します。原則として認定された単位および成績は取り消すことはできません。

在学中に、実用英語検定2級、TOEFL-PBT450点以上、TOEFL-CBT140点以上、TOEIC500点以上のうちいずれかを取得した場合には、英語Ⅰ、Ⅱのいずれか2単位を本学で修得した単位として認定します。成績評価はすべて90点(S評価)とします。この場合は、すでに認定された成績評価を変更することができます。

 

成績などの表示および成績評価基準

区分 評価 成績評価基準
合格 S 100~90点
A 89~80点
B 79~70点
C 69~60点
不合格 D 59~40点

単位認定

卒業するために必要な最低科目数または単位数

基礎分野科目においては、必修科目および選択科目合わせて26単位以上、専門基礎分野科目においては35単位、専門分野科目においては64単位で、合計125単位以上を修得しなければなりません。

キーワードで検索