柔道整復学科の授業紹介

知識と技術の応用力を高め、医学知識の充実を図ります

医療技術者として科学的根拠を持って治療を行えるよう、生物学・医学・生命倫理を重視した教育を実施。医療全域にわたる十分な知識を習得したうえで、柔道整復学に基づいた治療技術・技法を学んでいきます。また同時に、患者さんに対して優しい施術や対応の仕方も身につけ、患者さんの健康をサポートする思いやりのある柔道整復師を育てます。

理学療法概論

理学療法概論では、柔道整復師の業務に応用可能な知識・技術として、理学療法士が行う手技の一部を学びます。多くの患者さんが苦しむ「痛み」に関する知識の習得、多くの接骨院・整骨院で使用されている物理療法の知識と実践、脳血管障がいに関するリハビリテーションなどを題材に扱います。また、最新知見を自ら学ぶために、学術原著論文のプレゼンテーション発表も行います。

救急医療

スポーツ現場で活躍するために最低限必要だと考えられる救急処置の知識と技術を本授業と実習(グループ発表含む)形式で修得していきます。最後に、宇都宮キャンパスの体育館周辺施設を使用して、全授業と実習の内容を含めてスポーツ現場で傷がいが発生したことを想定した総合シミュレーションを行います。救急処置の意義や目的を理解して、緊急時に能動的に周囲の人材や資材を活用して緊急対応のできる実践力を身につけることをめざします。

内科学

本授業では、これまで学んできた解剖学、生理学、病理学の知識を土台にして、内科学領域の主な疾患(神経の疾患は除く)について、病因・病態、症状、診断法および治療法を学びます。内科学は、外科学、小児科学、産科・婦人科学等全ての臨床医学の基礎となる学問で、将来医療従事者となる全ての人が学んでおくべき科目の1つと言えます。柔道整復師にとっても、骨折で施術を施している患者さん(特に高齢者)が他にも種々の疾患を合併して患っているという事態は日常茶飯事のことなので、将来“大切なのは「病変」を診ることではなく、「患者さん」を診ること”という基本原則に沿うことができるようにきちんと学んでおく必要があります。講義は、呼吸器、循環器、消化器、泌尿器などの臓器別に体系的に行われます。

キーワードで検索