心理学科のコース紹介

3つのコースから、専門的な学習に取り組み、関心ある領域の知識を深めます

3年次からは各自の関心に従って基礎心理、発達心理、社会心理の3つのコースから1つを選択し,専門的な学習に取り組みます。モニタールーム併設の行動発達観察室や脳波を測定する実験室、防音の実験ブースなど、充実した設備を活用した実践的な学びを通じ、専門知識と技能を身につけます。いずれのコースにおいても、併せて臨床心理系(臨床心理学、精神医学など)の授業を履修することできます。

基礎心理コース

基礎心理コースの特徴

人の行動の基礎となる外界の情報の取得(知覚・認知)と、経験による行動の変容(学習・記憶)について研究します。

発達心理コース

発達心理コースの特徴

人の一生涯のさまざまな時期を対象とし、行動や認知の発達様相、社会化の過程、教育的・援助的な働きかけの可能性などについて研究します。

社会心理コース

社会心理コースの特徴

ミクロな社会行動(対人認知、態度、自己など)からマクロな社会行動(集団、文化、進化など)まで社会的行動の全般について研究します。

キーワードで検索