史学科の授業紹介

歴史的事実の理解から現代を読み解く方法まで、ユニークな授業で学びます

史学科では、過去の歴史的事実に関する体系的な理解はもちろん、現代社会の動きも歴史的・論理的に考察して大局的に判断できることをめざし、地方文化史・古文書学・美術史・女性史・家族史など、ユニークな科目を多数用意しています。文献を深く読み解く能力を修得する授業、野外で発掘調査を行う授業など、授業の内容も多様です。

専門科目

考古学実習

考古学実習

考古学コースでは、モノ資料(石器や土器などの遺物、住居などの遺構)の収集と読解をめざした実習授業を行っています。実習はまず、八王子キャンパスの南側を流れる大栗川で、石器材料となる岩石を採集することから始まります。採集した岩石を使って、キャンパス内で石器製作実験を行います。この活動を通して、岩石の見方や石器製作の方法を学び、その知識をもとに過去の石器の読解に取り組みます。本物の石器は、新潟県荒川台遺跡での発掘調査などによって収集します。同時に新潟県や周辺地域を探索し、石器に用いられたものと同じ岩石を採集して再度石器製作実験を行い、実際の石器との対応関係も検討します。こうした岩石採集の他にも、考古学コースの実習は多数あります。講義や図書で得た知識とともに五感で得た知識を駆使して学ぶ、ユニークな授業です。

日本史籍講読

日本史籍講読

日本史籍講読は2年次から履修できる史学の専門選択授業の1つで、各専門分野での文献史料の原文を教員・学生が共同で読んでいくものです。この授業では、専門的分野を勉強していく基礎力を養うため、史料や史籍と呼ばれる、過去の人びとが書き残した実際の文章を読み、それを理解し解読できる能力を獲得することをめざします。過去の事実の記録、思索・創作などの文章を正確に読み取ることなしに歴史を知ることはできません。過去の文書を読んで内容を理解していくことは、歴史学を学ぶ上での基本です。前近代の日本史学習のための史籍には、日本式漢文や古文が使われます。この授業では主に日本中世の史籍を読むため、漢文か古文を読むことになり、必然的に漢文・古文の読解力、内容理解力も鍛えられることになります。

西洋史特殊講義

この授業でめざすのは、広い視野から西洋の近現代の歴史について考える力を身につけることです。具体的には、19世紀後半から20世紀前半までの時期の、イギリス社会とインド社会の間の関係を取り上げて講義を行っています。近年、歴史学の研究では、これまでのように「国」の枠組みにとらわれ過ぎず、より大きな、地域あるいは地球全体にまで考察の範囲を広げ、歴史のダイナミックな流れをつかもうとする傾向が強まっています。この授業も、そうした動向に沿ったものです。イギリスとインドと言うと、当時の日本とはあまり関係がないと思われがちですが、必ずしもそうではありません。この講義では、インド社会を舞台とした、イギリス人と日本人のやり取りにも目を向けていきます。

日本史籍講読

日本史籍講読

歴史を学ぶ上で、もっとも基本となる技術は「史料」を読むことです。史学科では、「史料」を読む能力を身につけるために、日本史・東洋史・西洋史コースに「史籍講読」を、地理学コースに「地理書講読」を、選択必修科目として設けています。そのうちのひとつ、「日本史籍講読7」では、近代史・現代史のなかで有名な政治家の日記をテキストとして、輪読しています。ただ昔の文字を読むだけでなく、当時の出来事・人間関係・時代背景などをあわせて調べなければ、書かれた文章の「真の意味」を読み取ることはできません。本授業の魅力は、意外で奥深い歴史上の事柄を、自分の力で「史料」から発見する楽しさにあります。

美術史・文化遺産実習

この授業では、美術作品や文化遺産を扱う専門技術に触れ、現場を体験します。日本と世界の美術史・文化遺産の内容を学び、その保存と活用の基礎的知識を文献解読と見学などで十分に修得した上で、実際の作品、遺産に触れていきます。絵画作品、彫刻、工芸作品、装飾美術、写真、建築などについて、美術館・博物館、工房などの現場の協力を得ながら、理解し、扱いを学んでいきます。体験のなかでテーマを発見、自らの研究や実践によって社会へ還元することで、楽しく学びます。また、学会やシンポジウムの参加や運営によって最先端の研究にふれながら、現場で作品、遺産を調査すると共に、個別に美術史・文化遺産の作家、作品、遺産の研究を行い、研究発表によって研鑽を積みます。さらに、いくつかの班に分かれて地域住民や工房、美術館の支援も行い、地域や社会に貢献するプロジェクトやワークショップ(体験型授業)なども企画・実践。自分のなかに湧き上がる興味と感動、他者に役立つことで実感する喜びを感じながら学んでいきます。

キーワードで検索