文学部の多彩な教員による実学教育

個性豊かな教員陣の指導により理解を深め、自らのテーマを追究します

文学部の教員陣は多士済済。それぞれの専門分野で優れた実績を上げている教員が揃い、その専門性を実学教育に生かしています。学生は個性的な教員の指導を受け、疑問や意見をぶつけ合いながら理解を深め、やがて自らの学びのテーマを見つけ、追究していきます。

講読

日本文化学科

「講読」という授業の性質上、授業の進め方としては、講読するテキストに関して、まずごまかしのない正確な読解の力をつけてもらうことを心がけています。読解力の養成は、文字を読むことにとどまらず、論理的に考える力全般を鍛えることにつながり、その力は研究においても社会人としても、基礎になるものだからです。もうひとつは、人の話に注意を集中させる訓練です。この授業では、テキストの内容に関する質問を頻繁に行っています。しかし、誰かの名前を呼んでから質問はせず、常に全員に対して問いかけを行い、その後、予告なしに特定の誰かを指名します。したがって学生全員が、質問のときにテキストと質問とに集中していなくてはなりません。緊張が走ることになりますが、緊張なくして集中力は上がりません。授業内容としては、創発主義という、生物学や哲学、物理学など、古くから議論されてきた主題について書かれた論文を読解しています。

元永 拓郎教授

冲永 荘八教授 Shohachi Okinaga

大学院では英語圏や日本の宗教哲学を学んでいた。この10年ほど、大学院のころ身につけた方法論を応用して、心の哲学や脳科学の問題にもとりくんでいる。この分野は近年、自然主義的傾向が支配的であるが、私は自然主義の根拠となる存在論的な次元から、これらの問題を考え直すことが大事だと考えている。

書写

日本文化学科

書写科目は、小学校、中学国語、高校書道、それぞれの教員免許取得をめざす学生が主に受講している科目です。Ⅰでは「仮名」、Ⅱでは「楷書」、Ⅲでは「行書」と「漢字仮名交じり」、Ⅳでは「生活に生かすさまざまな書式」を硬・毛筆で学ぶといったように、段階的かつ体系的に学べるようカリキュラムが組まれています。私は、本学に着任するまで、中高一貫教育校において書写・書道を担当していました。また大学において書写書道教育を担当するほか、民間書道団体主催の書道講座講師を務める等、学校教育と生涯教育の両面から書写・書道に関わってきました。以上の経験を生かし、学校教育・生涯教育・芸術文化活動の3つの視点から、21世紀の書写書道教育を担う人材を育成したいと考えています。生徒の特性や地域・学校等により異なる書写書道教育の実態を幅広く理解し、さまざまな水準に応じて柔軟に対応できる視野を持った指導者の育成をめざしています。

福井 淳哉准教授

福井 淳哉准教授 Junya Fukui

新潟大学教育人間科学部芸術環境創造課程書表現コースを卒業後、大東文化大学大学院文学研究科書道学専攻博士課程を修了(博士(書道学))。2010年、本学に着任。読売書法会理事、書道香瓔会理事を務めるなど書作家としても活動している。板橋区民文化奨励賞、第1回大東文化大学青山杉雨賞などを受賞。著書に『和様の美―かな古筆名跡便覧』(淡交社 2013)などがある。

社会で役立つ能力も鍛える、中国古代史3つの授業

中国古代史3つの授業

中国古代史を学ぶ「史籍講読」「特殊講義」「演習」では、秦の始皇帝や項羽と劉邦、あるいは三国志などに興味を持った多くの学生が受講しています。授業で中国への理解を深めるのはもちろんですが、「史籍講読」では文章を読む力、「特殊講義」では教員の話を聞いて理解する力、「演習」では人前で研究報告を行うプレゼンテーション力とレポート執筆力も養成します。社会人になると、就職した企業や団体などにおいて、書類を読解する力、人の話を正確に聞き取る力、人の前でプレゼンテーションを行う力、報告書などの文章をまとめる力が求められますが、その意味で、これらの授業は中国史を題材としながらも「実学」としての側面を合わせ持った授業であると言えます。

柿沼 陽平准教授

柿沼 陽平准教授 Yohei Kakinuma

早稲田大学文学研究科史学(東洋史)博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員などを経て、2013年4月より帝京大学文学部史学科・専任講師。主な研究テーマは古代中国の貨幣経済史。授業では、歴史学の勉強を通じて学問の楽しさ、「勉強」の先にある「研究」の楽しさを体感してもらうことを重視している。

福生市「まちづくり総合活性化研究~人口シミュレーションプロジェクト~」

中小企業論

東京都福生市は、マスメディアによって人口減少が報じられ、将来の人口減少に大きな危機感を持つようになりました。そこで産学官の連携を謳う「ネットワーク多摩」(帝京大学も加盟校のひとつ)が、福生市の人口減少に対する政策立案を援助することになりました。社会学科池周一郎教授は、福生市職員に対し、将来人口の計算方法(人口投影という方法)の考え方と限界を1年間4回にわたって授業を実施。人口減少には、出生力低下と移動による人口流出という2要因があります。まず、福生市の人口のどの部分(性と年齢による区分)の流出が著しいかをデータから分析しました。現在の趨勢で推移すると、現在5万8,000人程度の人口が2039年には4万4,000人程度へ減少します。低出生率の日本では、人口増加は当面期待できません。ただし、政策により低下をよりマイルドなものにすることは実現可能です。授業では、20代、30代の女性の人口流出をくい止めることで、2039年に5万2000人程度を維持できる可能性を示しました。

池 周一郎教授

池 周一郎教授 Shuichirou Ike

早稲田大学文学研究科博士課程単位取得済み退学。1992年より帝京大学勤務。現在本学教授。社会学博士(東京大学)。八王子キャンパス情報処理センター長。数理社会学、人口学分野、社会調査法が専門。出生力低下に関する数理的な分析を主な研究テーマとしている。

企業やNPOで実習に参加する「ソーシャルビジネス実習」

企業やNPOで実習に参加する「ソーシャルビジネス実習」

「ソーシャルビジネス実習基礎(前期)」「ソーシャルビジネス実習(後期)」は、帝京大学のある多摩地域で活躍している、社会的企業(ビジネスの手法を用いて社会のさまざまな課題解決に取り組む企業)やNPO法人の皆様と協力して設定された授業です。

前期は、企業・NPOの皆様を講師として迎え、身近に広がるさまざまな社会・仕事・働き方の形を考えます。それを踏まえて学生は、各団体での実習に参加します。実習内容は、日常的な実務にとどまらず、プロジェクトの企画・運営・実施を求められる場合もあります。そして後期は、学びの集大成としてプレゼンテーションをまとめ、地域や学内に向けて発表する機会を企画します。このように本授業では、「見る・聴く・体験する・議論する・調べる・企画する・発表する」といった力を、理論と実践を通して身につけることで、卒後、地域社会で発揮できる「就業力」を身につけることをめざしています。

李 永淑教授

李 永淑講師 Youngsook LEE

大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得満期退学後、同大にて博士号(人間科学)取得。大学ボランティアセンターボランティア・コーディネーター、NPO(フードバンク)特任研究員などを経て、2013年4月より現職。専門はボランティア・NPO論。

キーワードで検索