文学部の教育

自己と世界を問いながら「知の方法としての教養」を育みます

文学部では、人間と世界を多様な観点から問うという学問の原点に立ち返りながら、さまざまな職業にも応用できる「知の方法としての教養」を育むことを目標としています。そのため、学生の問題意識を大切にし、洞察力・思考力を鍛え、専門性と幅広い教養を身につける教育を実践しています。

文学部の教育指針

各学科、各コースで専門的に深く学びながら、同時に国際的な視野に立った幅広い教養を身につけます。主体的に学ぶグループワーク、実践を通して学ぶフィールドワークを通じ、思考力、洞察力、表現力、問題発見と問題解決能力、さらにプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を養い、社会人としての基礎力を育みます。

4年間の学び

4年間の学び

専門科目

関心の対象や将来めざす分野から自分の興味のあるテーマを探し、専門科目を選択します。複数のコースのなかから一つを選択し、学びを深めていく学科もあります。

 

演習・ゼミ

学生一人ひとりの社会人基礎力、専門力の養成に主眼を置き、演習科目を八王子キャンパスの全学科3年次の必修科目として設置しています。この演習科目では、さまざまな課題に取り組む課題探求能力を育成することを目的として、教員と学生の討論をはじめ、学生による発表、学生同士の質疑応答や意見交換、グループワークなどを中心に授業を進めていきます。

オープンカリキュラム

オープンカリキュラム

文学部の学生は、八王子キャンパスの各学部・学科および帝京大学短期大学で開講する専門教育科目の一部について、履修することができます。修得した単位は共通選択科目として認定されます。

特徴的なカリキュラム 「心理学の基盤となる各種検査・測定法の体験学習」

「心理学の基盤となる各種検査・測定法の体験学習」

本学の理念である「実学」の精神に則り、心理学科でも、実験や実習により実践的な訓練を積むカリキュラムを数多く設定しています。そのなかのひとつ、2年次の必修授業の「心理学検査・測定実習」では、心理学における各種の検査・測定法の体験学習を行っています。たとえば、図形を見せたり絵を描いてもらうことで人格の構成要因や知覚機能、認知の成立過程などを調べる「投映法人格検査」や、個人の性格を捉えるため、気持ちや行動などに関する質問に被験者の自己評価で答えてもらう「質問紙法人格検査」などについて、学生自らが被験者と検査担当とを体験。これにより検査の方法と目的、分析法などについて実践的に学ぶことができます。授業は少人数のグループに分かれて行われ、検査法ごとに専門の教員が担当、シールドルーム(暗室)など検査に適した設備も使われるため、密度の濃い学習体験ができます。

特徴的なカリキュラム 「心の支援サービスのフィールドワークと実践的研究」

文学部心理学科の「心理学特殊実験演習」では、学校などさまざまなフィールドで行われているメンタルヘルスサービス(心の支援サービス)の現場にボランティアとしてかかわりながら進める、実践的研究を実施しています。たとえば児童福祉施設において家庭環境が安定しない児童へのかかわりを学んだり、特別教育支援関係のボランティア活動を行いながら小学生の抱える心の問題を体験的に学ぶといった活動を行います。また、知的障がい者が作業活動を行う施設で、ボランティア活動を通して知的障がい者への心理的支援のありかたについて検討することもあります。机上で学ぶだけでなく、実践的・体験的に学ぶことができるのがこの演習の特徴です。

少人数教育

専門性と幅広い教養を持つ人材の育成をめざし、文学部は少人数教育を推進しています。たとえば心理学科の「研究ワーク型ゼミ」。幼稚園児と一緒に遊びながら「遊びの観察」を行い、心理学の基礎的手法である「行動観察」を学ぶ演習や、児童福祉施設や小中学校、知的障がい者施設などでボランティア活動にたずさわりながら心の支援活動について学ぶ演習など、体験的・実践的演習が行われています。これらは学生自らが研究テーマを設定し、積極的にディスカッションに参加しながら研究を行うという、少人数教育のメリットを最大限に生かした演習です。また、史学科では史跡購読や遺跡調査など、学生の人数を20人以下に絞った演習を多数開設しています。

キーワードで検索