法学部の学べる分野

実務から哲学まで4つの柱をバランスよく学び、社会で生かします

模擬法廷などを使って実務を体感する実践的な学び、法律の概念と哲学・倫理の修得、司法試験、法学検定、公務員試験などの資格取得、さらにはグローバル社会に対応する国際法の知識や判断力。法学部ではこれら4つの柱を軸に、今後の社会で必要とされる法の知識と思考力をバランスよく身につけていきます。

理工学部の学べる分野

模擬法廷をはじめとする、実践的な学びを行う「実学」分野

法務実務の世界をリアル体感できるように、実際の法廷と同じ形式の法廷教室「模擬法廷」が用意されています。裁判員制度にも対応した法廷をリアルに再現した教室で臨場感あふれる授業が行われており、実務を体感することができます。

法律の概念と変遷、そしてなぜ法律が必要なのかを学ぶ「哲学・倫理」分野

古代から現代にわたる法哲学における法概念の変遷、そして、正義概念を基礎から学ぶことによって何が正しい判断なのか、なぜ世の中には法律が必要なのか、という法律の原理と概念を学び、現代社会に必要な倫理観を体得することができます。

社会のさまざまな場面で生かすことのできる「資格取得」分野

法学部で身につけた知識は、社会のさまざまな場面で活用することができます。宅建主任者、税理士、公認会計士、公務員などをめざす学生に向けて、主要科目の「特別講座」を設けることで、資格取得をサポートします。

グローバル社会に対応する国際法の知識と、論理的思考力を涵養する「国際性・政治」分野

グローバル社会といわれて久しい現代社会において必須とされる国際法および国際取引法の知識を修得すると同時に、国際的なバランスのとれた判断力と、論理的思考力、そして幅広い教養、倫理観を持った人材を養成します。

キーワードで検索