法学部の基本三法を重視した教育プログラム

憲民刑法の基本三法を重点的に学んだ後、将来を見据え、3コースから選択が可能

1年次でまず基本三法である憲法、民法、刑法を学び法律を学ぶ土台をつくります。2年次からは専門科目の授業を開始、めざす分野や関心にあわせて公務員、経営法務、法曹の3コースから選択します。3年次には応用力を深め、特別演習などで特定分野の掘り下げも。4年次はより高度な学びを展開しながら、希望の進路実現にアプローチします。

4年間の学び

憲法(1年次)

実際の裁判例や制度を題材として、日本国憲法の基本原理・憲法上の権利に関する知識の修得と理解力を養います。原告と被告の両方の主張を踏まえ、抽象的な法概念と具体的な事例とをあわせて説明し、その問題点と対処法について考えていきます。

民法総論(1年次)

民法総論Ⅰ・Ⅱ(1年次)

民法は、市民間の生活関係を権利と義務の面から明らかにする役目を担っている基本法です。本授業では、民法の基本原理・しくみとその果たす役割を把握した上で、権利主体である人、権利能力・意思能力・行為能力、代理、時効、契約に関する基礎知識の修得を目的とします。

刑法総論Ⅰ・Ⅱ(1年次)

刑法総論Ⅰ・Ⅱ(1年次)

日常生活で生じる具体的な刑事事件を例として取り上げ、刑事法的観点から分析し、検討します。問題点とそれに対する対策を探求する中で、刑法の理論や社会的役割を学ぶとともに、法的感覚、論理的思考力を磨いていきます。

基本教養演習(2年次)

1年次で履修した憲・民・刑の必修3科目(憲法、民法総論、刑法総論)と法学概論で身につけた知識の再確認を図りながら、メモ取り・読解・要約など文章表現力の基本的能力はもとより、論理的思考・批判・プレゼンテーションなどのスキルまで、法を学ぶ大学生に必要な基礎学力を身につけます。またその応用として、2年次以降履修する民法科目(物権、債権総論、債権各論、親族・相続)や刑法科目(各論)について、場合によっては授業を先取りするかたちで、基礎知識の修得をめざします。

キーワードで検索