診療放射線学科の臨床実習

授業で学んだ知識を、病院での臨床実習で実践的な知識へと昇華させます

講義や実習で学んだ内容を机上で終わらせるだけでなく、実際に病院で臨床実習を行い、装置の操作、管理、運用、医療スタッフとしての患者さんへの対応、検査の実際などを体験的に学習することで、4年間の授業で段階的に得た知識を実践的で生きた知識・経験へと昇華させていきます。

実習・演習スケジュール

実習・演習スケジュール

臨床実習科目

臨床実習1

臨床実習1

臨床現場での実習を通して、講義や実習で学んだ内容の医療での活用を確認し、実際の装置の操作や管理および運用を習得するとともに、医療スタッフとしての患者さんへの対応などを学習します。この実習では、CT、MRI、消化管造影、血管造影、超音波検査、眼底カメラなどの診断部門を中心に撮影、検査技術について学習を行います。これらの検査を臨床現場で経験し、診断価値の高い撮影に必要な技術の習得を図ります。

臨床実習2

臨床実習2

この実習では、核医学検査技術学および放射線治療技術学の内容の実習を行います。核医学検査の実習では、体内放射性医薬品を用いるインビボ検査、体外放射性医薬品を用いるインビトロ検査について実習します。特に、インビボ検査ではSPECTやPETを用いた各種臓器についての機能検査や動態検査について体験的に学習します。放射線治療の実習では、放射線の外照射治療、密封小線源照射治療をはじめとして、シミュレーターによる治療の位置決めや線量分布作成方法、さらには線量計算、線量測定などについて体験的な学習を行います。

キーワードで検索