理学療法学科のカリキュラムのしくみ

実際の患者さんと接する臨床実習を通して、実践的な感覚を磨きます

1〜2年次は基礎医学の知識から臨床実習を通した主要疾患に対する評価の基礎へと学びを進めます。3〜4年次は実習が本格化。病院や施設などの現場で理学療法評価を学び、長期間にわたって患者さんに対応する実習を通して技術を身につけ、国家試験へと挑みます。また、希望者にはアメリカで国際感覚と実践を学ぶ海外実習もあります。

カリキュラムのしくみ

(2016年5月 現在)

専門科目

※2016年5月現在の予定であり、一部変更の可能性があります。

キーワードで検索