作業療法学科のカリキュラムのしくみ

講義や演習で基礎を固めたのち、徹底した臨床実習を行い実践力を養います

1年次では医療従事者としての基礎、およびリハビリテーションの基礎的知識を身につけます。2年次からは講義や演習を通して作業療法の基礎知識を広く学び病気や障がいについての理解を深め、3年次からは臨床実習、アメリカでの医療現場の見学などで国際性と実践力を身につけます。4年次は臨床実習で実践力を養い、同時国家試験の準備を進めます。

カリキュラムのしくみ

(2016年5月 現在)

専門科目

※2016年5月現在の予定であり、一部変更の可能性があります。

キーワードで検索